U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年度 今年遊んだオススメゲーム

<<   作成日時 : 2010/12/18 17:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

 ここ2年恒例の企画である、今年のゲームの総括企画、今回も行っちゃいます。
 今まではクリスマス企画としてやってましたが、毎年クリスマスに同じことをやるのもつまらないので、今回は1週間前倒しでお送りします。クリスマスはクリスマスで、別の企画を一応考えています。

 あと、今までは「今年楽しんだ新作」を取り上げていましたが、今回は新作に限らず、今年遊んだ全てのゲームを対象とします。
 要するに発売や発表が昨年以前にされたものであっても、僕が出会ったのが今年であれば、気にせず全部評価してしまおう、というわけです。もっとも、このルール変更はぶっちゃけるとelonaを取り上げるためのものなので、全体としてはやはり今年発売のゲームが中心になります。

 それでは発表します。僕が今年楽しんだゲーム、ベストいくつか。

☆★☆★☆

1位 MAG



 PS3というハードの存在価値の2割ぐらいは、このMAGというゲームが遊べることにあります。
 単に撃ち合うだけではなく、味方の治療や施設の修理、徹底防御や特攻、隊長としての簡易指揮など、気分次第でいろんな遊び方ができるのが本作品の最大の特徴です。FPSの初心者から、もうFPSは飽きたよという人まで、幅広い層が楽しめるのではないかと思います。

 人がいない人がいないと発売当初から言われ続けてきたものの、実際はいまだにプレイヤーがいるどころか、最新のパッチによるシステムの変更によって、(ゲームモードを問わなければ)より参加しやすくなっています。
 オンライン専用ゲームとはいえ、人付き合いのわずらわしさとかはほぼありません。PS3を持ってるのにMAGをやったことがないという人は、新品でも中古でも問題ないので、ぜひ遊んでみることをオススメします。むしろMAGをやるためにPS3を買ってしまってもいいかもしれません。

☆★☆★☆

2位 elona

公式サイト

 今年特にイチオシするゲームは、上述のMAGと、このelonaの2本です。他はともかく、この2本はぜひ遊んでおくべきです。
 elonaは分類的にはローグライクゲーム、つまりはシレンとかの親戚ということになります。が、実際にはシレンとかとはまるで違うので、余計な先入観は持たないほうがいいでしょう。

 いろんな種族、いろんな職業からキャラを選び、いろんなステータスをいろんなやり方で鍛え、いろんな装備を探していろんな遊び方をする、それがelonaです。

 このゲームにおける多様性というやつは、MAGをオススメするのと同様の理由で、僕にとって大事なポイントです。
 ともかく僕は飽きっぽいので、同じことばかり繰り返すゲームはダメなのです。なので、僕同様飽きっぽい人や、そこらで売られているゲームにはあまり興味がわかないという人には、特にオススメします。

 ただし僕は去年にも1回、elonaに手を出しておきながら、そのときはわけがわからなくてやめたという事実があります。
 同じように、試しに手を出してみたはいいけど、なにが面白いのかさっぱりわからない、という人もいるかもしれません。なので、そういう人向けに僕なりのアドバイスを書いておきます。

1. 操作の大半はゲームパッドで可能

 慣れればキーボードで操作したほうが多分便利なんでしょうが、僕はもっぱら家庭用のゲームばかりやってきたためか、ゲームパッドで操作しないとどうも落ち着きません。
 elonaは一応、ゲームパッドで大半の操作が可能なので、キーボード操作が性に合わない人は、ゲームパッドを使うのがいいと思います。

2. マニュアルやwikiを適当に読もう

 ゲーム内で参照できるマニュアルや、こちらのwikiを見ることで、大半の疑問は解決できると思います。ただしwikiにはネタバレ要素も多いので、注意して使ってください。

3. 画面下部のメッセージウィンドウに注目する

 このゲームでは攻撃によるダメージ表記が数字として表されることはありませんし、そもそも攻撃されたときにそうとわかる効果音が鳴るとも限りません。そういった情報は全て画面下部のウィンドウ内に、文字情報として表示されます。
 なのでウィンドウをしっかり見てないと、いろんな情報を見落としかねません。このあたりの、家庭用のゲームではあまり見られない不親切さが、elonaを初めて遊んだときにプレイヤーを戸惑わせる一番の要因なのではないかとも思います。

☆★☆★☆

3位 斬撃のレギンレイヴ



 今年やったゲームの中で、MAGとelona以外になにか1本推すとすればこれになります。
 Wiiというハードの存在価値の5%ぐらいは、レギンレイヴが遊べることにある――のかもしれません。まあ少なくとも、すでにWiiを持っていて、かつ普通にゲーマーとして暮らしている人であれば、一度遊んでみるべきです。

 注意点としては、このゲームの真価はWiiモーションプラスを使用し、かつオプションの設定を自分好みにいじったときに初めて発揮されるということです。

 最近はモーションプラスを初めから内蔵した新型リモコンが発売されてますので、これを持ってる人はなにも問題ありません。
 それ以前のリモコンしか持っていない場合は、モーションプラスを別に手に入れておきましょう。Wii Sports Resortにも新型リモコンがついたバージョンがあるので、こちらを買ってもいいかもしれません。

☆★☆★☆

4位 真・三國無双4





 elona以外にもありました、今年発売されたわけでもないオススメゲーム。
 なんでいまさら無双4なのかといえば、そりゃもう面白いからです。昨今の無双がゲーム的には非常にシンプルになっちゃってる中、それなりの戦術性を持ち合わせている無双4は、いまだ唯一無二の価値があります。

 基本的にはPS2版の無印を買えば問題ないでしょう。PS2は嫌だという人は、360版のspecialや、PC版といった選択肢もあります。
 あと、戦国無双3や北斗、ガンダム無双といった近年の無双シリーズがあまり楽しめず、かつ三國無双シリーズは遊んだことがないという人にも、無双4を一度やってみることをオススメします。逆に近年の無双を問題なく楽しめている人にとっては、無双4は物足りなく感じるかもしれません。

☆★☆★☆

5位 テイルズ オブ グレイセス エフ

Amazonリンク(なぜか画像つきのリンクが張れませんでした)

 JRPGの粋を集めた一作。Wii版をクリアした僕がなお、普通にもう一周できてしまったほどの面白さ。オススメ。

☆★☆★☆

6位 零の軌跡



 個人的にはベタ誉めする気にはならないけど、年間のベストランキングに入れるのはまあ構わないか、というポジションのゲームです。
 シナリオやキャラクター、世界設定は、よい意味での安っぽさと厨二病的な魅力にあふれていて、非常にオススメできます。反面、戦闘システム等は過去作である空の軌跡シリーズとほとんど変わっておらず、いい加減変えろよと思いました。

☆★☆★☆

7位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2



 今年オススメする最後のゲームはこれです。普通に面白いです。ただ、来年の3月末にはパワーアップ版が発売されるらしいので、それまで待つ手もあります。

☆★☆★☆

 他にもそこそこ遊んだゲームはありますが、オススメしたいのは以上の7本になります。
 特にMAGとelonaはイチオシです。

 MAGはオンライン専用ゲームとはいえ、中古品でも問題なく遊べますので、安く買いたい人はそちらでどうぞ。
 elonaに至ってはフリーゲームなので、PCさえあれば今すぐにでも手に入ります。ぜひぜひどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メディアリテラシーって、要するにツッコミ力か?
 現在の情報化社会においては、一人一人がメディアリテラシーを身につけるのが大事だ、情報の真偽を見抜く能力が必要だ、と以前から散々聞かされてきました。  まあ確かに大事なんだろうねとは思いつつ、じゃあ具体的にメディアリテラシーとやらを身につけるにはどうすればいいのよ? という疑問への答えは、あまり見つからなかったように思います。単に僕が見落としていただけかもしれませんが。 ...続きを見る
U型改
2011/01/18 14:40
ダンガンロンパ クリア後の感想(後半に微妙なネタバレあり)
 ダンガンロンパについて書かねばと思っているものの、どれぐらい書けばいいのかという点で、迷っています。 ...続きを見る
U型改
2011/01/24 19:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2010年度 今年遊んだオススメゲーム U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる