U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラクエモンバト、が正式略称でいいんだろうか

<<   作成日時 : 2010/07/25 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 実はこの前発売されたWiiのドラクエモンバトをやっています。実はもなにも、買う予定だって言ってはいましたけど。
 発売日に買ったのに、なんでこれまで触れてこなかったかというと、感想書くのが単純に面倒だったからです。こちとら毎週1本ぐらいは新しいゲームを買ってるんで、毎回毎回「○時間遊んだ感想」みたいなのを書くのも、もううんざりなのです。書きたきゃ書きますが、義務みたく毎回書くのはやめることにしました。

 で、ドラクエモンバト。
 最初にチュートリアルをやった段階では、要するに時間稼いでエネルギーを貯めてとどめの一撃(出せば大体勝てる技)を決めるだけのゲームじゃねえの? という疑問を抱いてしまいました。幸いそれは勘違いで、とどめの一撃に至る前に決着がつくほうが普通でした。

 このゲームはジャンル的にはカードゲームなんでしょうけど、僕が知ってる他のカードゲームに比べるとランダム性が強いです。
 遊戯王やらカードヒーローやらの場合、次の攻撃で敵にどれだけダメージを与えられるか、逆に喰らうかといったことは大体計算できます。もちろん敵の行動が予想外だった場合は別として、全部の情報が明らかになってさえいれば、計算尽くでゲームを進めていくことができます。

 その点モンバトは、元々が「コンピューターを使ったカードゲーム」としてデザインされているためか、人間に処理できる程度の計算は成り立たないようになっています。
 具体的に言うと、攻撃してもミスすることがありますし、会心の一撃なんかが出たりもします。状態異常攻撃をしても、成功するかしないかは基本ランダムです。

 といっても全く計算できないわけではありません。攻撃の種類やモンスターによって、ミスしやすいやつ、状態異常になりにくいやつとかは設定されてるんで、大雑把な計算は可能です。
 そういう大雑把な計算を元にモンスターをそろえたり装備を固めたりして戦っていくのがこのゲームです。カードヒーローとかに比べるとガチガチな計算が通用しない分、ややゆるいです。ゲームとしてどっちが上等かといえばカードヒーローかもしれませんが、モンバトのぬるい面白さも、これはこれでいいものです。

 ただ、ゲームを先に進めるためには嫌でもレベルを上げる必要があるため(そうしないと一部のイベントが起こらない)、このまま進めていくと作業ゲーになるのではという危惧は抱いています。
 まあそれこそ上述のぬるさもあってか、気が向いたときにダラダラ戦ってレベルを上げればいいかなと、そんな気分で適当に遊んでいます。ぬるいといっても一部の敵は普通に強いんで歯ごたえがありますし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ドラクエモンバト、が正式略称でいいんだろうか U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる