U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記 RPGの世代考

<<   作成日時 : 2010/04/19 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

 昨日、ドラクエ6について「一世代前のエース機」と書きました。
 適当に書いてみた後で、ドラクエ6は本当に「一世代前」なんだろうか、そもそもRPGを世代分けするとどうなるんだろうか、と興味がわいてきました。

 以下、浅い知識ながら、適当に考えてみます。
 まずRPGの興り――はパス。よく知りませんので。TRPGとか、その流れを汲んでのウィザードリィやウルティマとかは、パスですパス。

 とりあえず、日本のおけるRPGの元祖は、まあ初代ドラクエでしょう。そういうことにしておきます。
 では、ドラクエの次の世代のRPGとはなにか。

 微妙ですが、ドラクエ2はすでに次世代のRPGだったと言っていいんじゃないかと。
 理由はパーティー制の導入にあります。一人旅、1vs1の戦いしかできなかったドラクエ1と、敵味方ともにパーティーを組むようになったドラクエ2とでは、大きな違いがあります。

 仮にドラクエ1を第一世代、2を第二世代とした場合、それぞれの特徴はこうなります。

第一世代:RPGプロトタイプ。一人旅。
第二世代:パーティー制度の導入。


 ドラクエについて言えば、この後は5までずっと、第二世代に留まっていたと言えそうです。
 3の職業制は、パーティー制度の1つのアレンジでしかありません。4のAIは、RPGというジャンルの世代そのものを変えるほどの革新要素とまでは言いにくいです。5でモンスターが仲間になるというのも、やはりパーティー制度の一形態に過ぎません。

 ドラクエ6の段階でようやく、第三世代に入ったと言えるんじゃないでしょうか。
 すなわち、各キャラに好きなスキルを覚えさせていくことで、プレイヤーがある程度自由に成長させることができるという、スキルシステムの導入です。ドラクエ6の場合、厳密に言えばスキルそのものではなく職業を選ぶシステムではありますが、転職後も前職で身につけたスキルを継承しているので、スキルシステムと言ってもいいんじゃないかと思います。

第三世代:スキルによる成長システムの導入。

 ドラクエ7は、システム的な進化はなにもなし。仲間と会話ができるというのは演出の一環に過ぎず、システムの革新ではありません。
 8も同上。2Dから3Dに変わったところで、ゲームの遊び心地そのものが大きく変わったかと言うと、そうは言えません。

 んで9になると、もはや他のゲームでは当たり前のように取り入れられていたクエスト要素が入ってきます。
 ですが僕は、このクエスト要素がRPGの世代交代に関わる要素だとは思っていません。これはあくまでストーリー演出の一要素に過ぎないんじゃないかと思っています。

☆★☆★☆

 ここまではずっとドラクエシリーズに焦点を当てて考えてきましたが、では他のRPGだとどうなるんでしょうか。
 FFに目を向けてみます。

 FFは、1の時点では第二世代でした。2はある意味、第三世代の一種とも言えます。時代を考えれば異常な話であり、FF2の流れが後のサガシリーズに引き継がれたというのも、うなずける話です。
 3は職業をコロコロ変えることはできるものの、スキルを引き継ぐことはできないので、第二世代。4は完全に第二世代。5は……第三に足を踏み入れかけた第二世代、でしょうか。

 6や7は、キャラそのものではなく装備を通してスキルをいじれるという点で、第三世代の一種と言えると思います。6についてはうろ覚えですけど、そういうシステムだったはず。
 以降、成長の自由度に制限があるとはいえ、FFは全てこの意味での第三世代だったはずです。11はやったことないのでノーコメントとします。

☆★☆★☆

 こうして見ると、ドラクエもFFも、最新作=第三世代です。
 さて、この先の第四世代に属するRPGは、すでに存在してるんでしょうか。

 オンラインRPGは、おそらく第三世代だと思います。他のプレイヤーがNPCではないといっても、パーティー制=第二世代の要素を引き継いでることには変わりがありませんし。
 オブリビオンなんかも、見た目や規模を別にすれば、あくまで第三世代のゲームです。むしろパーティー制でない=第二世代の要素が入ってないという点で、場合によっては他の第三世代に劣ると言えるかもしれません。

 ただオブリビオンや、他の洋物RPGについて考える場合、アクションの要素が取り入れられている、というのがあります。
 しかしアクションの要素を取り入れることが、RPGの世代進化とまで言えるかというと、これも微妙です。アクション要素を入れることでなにが変わるかというと、コマンド戦闘がなくなるというだけの話なので、これは変化ではあっても進化と言えるかどうか。

 ……ひょっとして第四世代って、まだないのか?
 もしあるとしたら、それはどういう形になるんでしょうか。

☆★☆★☆

 10年前――そう、ビックリすることにもう10年経とうとしています――にガンパレが出てきたとき、僕はこれをゲームの革命だと考えました。
 今もその思い自体は変わっていません。ただ現実のゲームのほうは、いまだガンパレにさえ追いついてないものがほとんどだ、というだけのことです。

 ガンパレをなぜ革命だと感じたかというと、「遊ぶたびに違う体験を味わえる」ことにあります。
 その原因は、AIを搭載したNPCたちにあります。NPCがそれなりに物を考えて勝手に動くがゆえに、こちらが同じようなプレイをしても、周りの反応は変わってくる。その結果、常に新鮮な感動を味わえたわけです。

 もしRPGの第四世代というものがあるとすれば、この辺りがヒントになるかもしれません。
 ここまでの世代の進化は、全てシステム絡みのものばかりです。ですがRPGにおいてシステムと同等、あるいはそれ以上に重要な要素であるストーリー面においても、なんらかの劇的な進化が起こったならば、それは第四世代RPGと言っていいのでは。

 ロマサガ等のマルチシナリオRPGは、その意味で第三世代から第四世代へ進化しようとしている過渡期のゲームだと言えるのかもしれません。
 でも、実際にマルチシナリオが新たな世代を切り開くかというと、とてもそうは思えません。なにかもっと、全く別の要素が必要なのかも。やはりガンパレ的な意味でのAIか、あるいは違うなにかが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さらに雑記 第四世代という妄想
 昨日話したRPGの世代論とは、つまるところ、システム面におけるRPGの自由度拡張の歴史について語ったわけです。  一人旅しかできなかった第一世代よりも、パーティーを組めるようになった第二世代のほうが、取れる戦略・戦術の幅がはるかに広い。さらに、個々のキャラについてもスキルシステムによって独自の色づけができるようになったことで、第三世代では育成の自由までもが追加された、というわけです。 ...続きを見る
U型改
2010/04/20 21:11
メタルマックス3 Limited Edition |角川ゲームス
メタルマックス3 Limited Edition角川ゲームスNintendo D... ...続きを見る
これ欲しい
2010/05/17 17:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
RPGといえばメタルマックス…だと思ってた時がありました。
ここの世代わけでいうとしょっぱなから2.5世代で、2になるともう3世代でしたから。
3は今更しかもDS出るので期待薄ですけれど。。
Aki
2010/04/20 10:17
DSだから期待薄という理屈はわかりません。
第三世代レベルのRPGはDSでも普通に出ていますし、
そのレベルではダメだというのなら、
ハードを問わず、世のRPGは全滅です。
植村(管理人)
2010/04/20 13:31
自分の中ではDSで出るゲーム=単純に劣化した移植、もしくはオリジナルの試し売り、採算を取るために開発期間が短い=バグの塊orラストに行くにつれ退屈になる…だと思ってるのですけれども。

メタルマックス3が期待薄なのは他にグラフィックが違いすぎる、画面を見ている限りメタルサーガ系統から進歩を感じられない、HPにポチが取り上げられてない、そもそも前にでた携帯機バージョンはバグの塊でマーベラスが作ったのか?と思うくらいひどかった。

自分自身携帯機が好きじゃないのもあるんでしょうけどね。
Aki
2010/04/20 23:30
雑記 RPGの世代考 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる