U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS フロー新まとめ+ゲームの話

<<   作成日時 : 2009/06/10 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 キルゾーン2のオンライン対戦、いまだに続けています。
 飽きずに遊べる理由は、「どうすればもっとうまく動けるだろう」と考える楽しさにあると思います。

・敵を効率よく倒すにはどうすればいいのか。兵科は? 武器は? 接敵法は?

・死なないためにはどうすればいいのか。

・スコアを稼ぐにはどうすればいいのか。

・チームの勝利に貢献するにはどうすればいいのか。

 このゲームには、自分の腕を測る基準がいくつも用意されており、それぞれに関して創意工夫をこらす余地がいくらでも残っています。なにせ対戦相手は同じ人間ですから、そう簡単に征服はできません。
 個人のスコア稼ぎに飽きたら、チームのことを最優先に考える。前線で撃ち合うのに飽きたら、スナイパーとしてこそこそと活動する。気分転換の方法がたくさんあるというのも、僕のような飽きっぽい人間にはありがたいです。

☆★☆★☆

 何度も話題に出しているフロー理論について、最近また、自分なりにまとめ直しました。

1. 新鮮さ

 何事も、続けていれば飽きる。だから、取っ替え引っ替えいろいろやるのがよい。ただし、したくもないことをしてもつまらないので、好きなことだけをやる。
 あと、やりすぎて飽きたのなら、しばらく時間を空けるのも有効だ。

2. 難しさ

「激戦」が楽しい。ストレスにならない程度に難しいのが一番だ。

3. 達成感

「できた!」の感覚が気持ちいい。これを頻繁に味わえるようにする。言葉で自分を誉めたり、なんらかの形でごほうびを出すのもよい。
 また、一度クリアできたことは、もう一度クリアしても前ほどの感動は味わえない。こういう場合は、自分の腕を磨くことで、新たな「できた!」を求めるのがよい。これがすなわち、成長の楽しさというやつだ。

4. 自己統制

 何事も、集中しているからこそ楽しい。また、無理やりやらされているのではなく、自分の意志で「やっている」という感覚も大事だ。
 加えて、それをやる意義も自覚できているとなおよい。自分のやっていることが無意味だと感じていては、楽しめるわけがない。

☆★☆★☆

 キルゾーン2は、1〜3にかけては完全にクリアしています。4についても、「楽しい」という一点において、ゲームとしての存在意義を充分に満たしています。

 特に、この4要素の中で一番重要なのは、「新鮮さ」ではないかと思います。
 ともかく、どんなに楽しいことでも、そればっかやっていれば飽きます。どれだけ飽きずに長く遊べるかというのが、つまるところ、ゲームの面白さを決定づけるのでしょう。最初に述べたように、キルゾーン2にはいろんな遊び要素がふくまれているため、取っ替えながら遊ぶことで、飽きずに長く楽しめるのです。

 さて、明日発売の無限航路には、どれだけの新鮮さを感じられるのか。結構期待しているので、できれば期待に応えてほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
フロー新まとめ+ゲームの話 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる