U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 願うは互いに一撃必殺

<<   作成日時 : 2009/03/16 20:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 無双OROCHI Zというゲームは、難しい。

 クリアするのが、ではありません。難易度「普通」であれば、序盤のステージはむしろヌルすぎるぐらいです。
 だからこそ、難しい。なにがって、楽しむのが。

 なにせ遊軍合流時の自動回復という仕様があるために、体力がなかなか減りません。敵軍の攻撃力がそれを上回っていれば問題ないんですが、上回ってないし。下手したらコントローラーから手を放していても死なないんじゃないかってぐらいです。
 なので序盤はヌルすぎて面白くありません。敵を蹴散らす爽快感というやつを味わいたいならそれでもいいんですけど、僕は生き死にの緊張感のほうを楽しみたいのです。

 じゃあ難易度「難しい」にしてみると、今度は途端に難しくなりすぎるというジレンマがあります。
 結果、ちょうどいい難易度にするためには、難易度「難しい」にした上で、経験値を振ったりすることであらかじめ武将を育てなければならなくなります。面倒くさいというか、なんだかなあ。

☆★☆★☆

 無双シリーズは、外から見てるとどれも同じに見えるかもしれませんが、実際は作品ごとに結構違います。
 その違いに基づいて考えれば、OROCHIという作品は、文字通りプレイヤーの無双っぷりを楽しむのが正解なのかもしれません。実際、初代OROCHIをやったときの僕は、普通に楽しめていたわけですし。

 でも気づけば、今の僕はほんのりとMな嗜好に目覚めてしまいました。
 これだと、敵を蹴散らすだけの快感では物足りないのです。殺るか殺られるか、その刹那の快感を味わいたいのです。

 てなわけで、OROCHI Zを今後どう扱ったものか、決めかねています。
 工夫すれば楽しめないことはなさそうだ。なさそうだけど、わざわざそんな工夫をするぐらいなら、三国の4か5をやったほうが早いんじゃないかとも思えるので。さて、どうしたもんだか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
願うは互いに一撃必殺 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる