U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム雑記 フローアイマス無双通信

<<   作成日時 : 2009/02/25 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フローを発生させる方法を新たにまとめ、具体的に実践可能な形でマニュアル化しました。

・大目標と、それを達成するためのクリア可能な小目標群を設定する。
・目標に近づけているか、わかるようにする。
・目標達成のための行動に集中し、そこにふくまれている挑戦対象を細かく意識する。関係ない要素はなるべく排除する。
・そういった挑戦に必要な能力を磨く。
・退屈になったら難易度を上げる。


 この理論をアイマスSPのプレイに用いてみました。

・大目標と、それを達成するためのクリア可能な小目標群を設定する。
→ストーリーモードクリア、各IU予選突破。

・目標に近づけているか、わかるようにする。
→ファン人数。

・目標達成のための行動に集中し、そこにふくまれている挑戦対象を細かく意識する。関係ない要素はなるべく排除する。
→オーディション、コミュ、ミニゲーム。スケジュールのバランス。コミュやイベント以外の会話は原則スキップ(どうせランダムだ)。

・そういった挑戦に必要な能力を磨く。
→オーディション(安定した勝利)、コミュ(パーフェクトの推測)、ミニゲーム(パーフェクトをめざす)。スケジュール(自分の力量と不安定要素を計算に入れた上での計画的行動)。

・退屈になったら難易度を上げる。
→現状維持で可?


 なにかで失敗するたびに対策を考え、実行しました。

戦略:
・取材・スタイリスト全無視(時間つぶすほどの価値はなさそう)
・思い出は常に5つ以上キープ(連続オーディションへの対処)
・オーディション前にテンションが低いときは、休憩する手もありだ。中以下のテンションでオーディションに臨むのは危険。
・人気1位のアピールでは、ギリギリを狙わず余裕を持つ。
・人気1位の消耗が激しい場合は、2位と3位を確実に取って、3巡目で1位を落とすのを狙う。

オーディション:
・原則、2,3巡目に必ず思い出を1個ずつ使う(慢心の戒め)。2回目にBADが出たら、もう1回使っておくのが無難。
・他がgoodを連発してきたときは、こっちも思い出で対抗する。

ボイスレッスン:
・ノーマルスピードでも、ノーミスなら60秒でパーフェクト可能。45秒だとギリ無理?

表現力レッスン:
・狙うパネルの動きを読んで待つ。60秒ならパーフェクト余裕、45秒でもミスらなければ取れる。


 以上を実行し、雪歩のストーリーモードをクリア。
 ……やっている間はそれなりに楽しかったものの、終わってみると、いまいち満足しきれていません。やはり根本的なマンネリ感を払拭できていないと、いろいろ工夫しても限界があるか。貴音たちをプロデュースできる新作(絶対出る)では、できればゲームシステムそのものを刷新して欲しいところです。

☆★☆★☆

 明日は無双MRを買います。
 勘違いしてましたが、これ、公式にオンラインプレイをサポートしているわけではないみたいですね。PSPソフトの場合、かのモンハンですら公式にはアドホック通信(PSPを持ち寄っての通信プレイ)しかサポートしていないそうで。

 その代わり、多くのPSPソフトはXLink Kaiという非公式ソフトを使うことで、オンラインプレイが可能になると。
 メーカーにすれば、オンラインの環境を自前で用意しなくて済むというのは便利なんでしょうが、他のハードが苦労してそれやってることを考えると、なんか卑怯くせえなと感じます。もっとも、その分ユーザーにとっても利用するための敷居が高くなるので、他のハードほどオンラインプレイが流行りにくいであろうことを考えれば、プラマイゼロなのかもしれません。実際のところは知りません。

 まあ自分の話に限定すれば、この前買ったアダプタはXLink Kaiの公式推奨品だそうなので、うちでも問題なくオンラインプレイが楽しめるはずです。ちゃんと設定できればね。
 それにいざとなれば、PS3を利用したアドホック・パーティーのサービスも利用できますので、備えは万端――え、20GBだと使えないの?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ゲーム雑記 フローアイマス無双通信 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる