咲世界のプロの壁

咲キャラの強さランキングとか考える際、メインキャラとプロ勢との実力差はどうなんだろう? というのが気になります。 これについては、インターハイレベルの高校生だったら、そのままプロ勢と比較しちゃってもいいんじゃないかと思ってます。 根拠は、初手テスカトリポカこと戒能プロ。 ・戒能プロは2年前、宮永照に勝利している。ただし本人…
トラックバック:0

続きを読むread more

予言者育成学園に望む改良点

公式アンケートとかあればそこに書きたかったんですが、見当たらなかったのでここに。 ・グリモア中のバトル邪魔! ・通常バトルは強度6を楽しみたいけど、予言を優先してるとPPが足りず、バトル権利だけが増えていく。バトル権利複数個で強度6を選べる仕様にならないかな。
トラックバック:0

続きを読むread more

人生をゲームにするためのガチな方法

スーパーベターになろう!──ゲームの科学で作る「強く勇敢な自分」 (早川書房)早川書房 2015-11-30 ジェイン マクゴニガル Amazonアソシエイト by  例によって、ほぼ日経由で知った本です。  この本はひょっとすると、僕がこれまでの36年の人生で読んだ中で、最も実のある一冊になり得るんじゃないか、とさえ…
トラックバック:0

続きを読むread more

シノハユ

 今日が最新の6巻発売で、なんとなく1巻から読み返してたら、面白くって一気に全部読んじゃいました。  咲の外伝──ってことで麻雀要素もあるわけですが、僕はむしろそれ以外の日常要素にハマってます。  咲ではプロとして出てる人の子ども時代が描かれてる、ていう面白さもありますけど、そこもメインじゃないですね。子ども時代のレジェンドとか…
トラックバック:0

続きを読むread more

『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』の影響を受けて

 タイトルなげえ!  えー、僕はアニメ以外のテレビ番組をほぼ見ないんで、厚切りジェイソンという芸人の存在を知りませんでした。今もどんな芸をする人なのかは知りません。  ほぼ日で糸井さんと対談してるのを読んで、興味を持って本を買いました。  ただ買った後、対談を読み進めてくうちに、「あ、この人は俺とタイプ違うわ。買わなきゃよ…
トラックバック:0

続きを読むread more

瞑想および人生について──本当に『受容』するということは?

 以前紹介したプラユキ・ナラテポーさんの本、『苦しまなくて、いいんだよ』を、改めて読み返しています。  すると、前読んだときには特に気にしてなかった箇所が、今回ズガーンと心に直撃しました。  具体的にはp108から紹介されている、言葉の使い方に関するエピソードです。  以下、僕なりに要約します。 ☆★☆★☆ Q…
トラックバック:0

続きを読むread more

三國志13 英傑伝モードをプレイ中

 本編シナリオを一度クリアしたということで、今は途中まで進めていた英傑伝モードの続きを遊んでいます。  英傑伝モードとは、決められた条件のクリアに挑戦する、いわゆるステージクリア型のチャレンジモードです。  三國志13においては、三国志の物語を時系列に沿って大雑把に体験できる、シナリオモード的な内容でもあります。と同時に、最初の…
トラックバック:0

続きを読むread more

ドラクエ10やりたいけどオンゲは……と思ってる人へ

 Wiiでドラクエ10のサービスが開始されてから、もう3年半が経ちました。  ドラクエの新作はやりたいけど、オンラインゲームには抵抗がある、という人は当時たくさんいました。  今も同じ理由で、興味はありつつも手を出せずにいる、という人がいるかもしれません。  重要なのは、具体的にオンラインゲームのなにに抵抗を感じているのか…
トラックバック:0

続きを読むread more

三國志13が面白い

 ずっと放置してたこのブログですが、思うところあって、また更新再開しようかと考えてます。  とはいえまだ病中の身なんで、やっぱきついやと思ったらやめます。  今もいくつかのゲームを楽しんでますが、その一本が三國志13です。  ちなみに僕はWindows版、ダウンロード版を買いました。Win版はSteamによる認証があるので多分…
トラックバック:0

続きを読むread more

健康本の著者は執筆をやめて殺し合いなさい

注1:「殺し合いなさい」はもちろん比喩です。ただ、ある意味社会生命をかけて戦ってほしいとは思います。 注2:「~なさい」系の言い回しが大嫌いなので、それへの皮肉でもあります  注釈入れるぐらいならもっと無難な表現にしろよと我ながら思わなくもないものの、まあいいや。  いえ、たまたま図書館に予約してた健康本の到着日が重なりま…
トラックバック:0

続きを読むread more

健康法にこだわりすぎると病気になるかも?

 最近は、健康法に関する文章を読んだりするのが、あまり好きでなくなっています。  僕自身が心身ともにかなり状態がよくないので、病気とかに対して意識過敏になっているということがまずあります。  また健康法って、ともかく人によって矛盾したこと言ってるケースが多いので、一体どれを信じていいのかわからなくなって、無駄に悩んだり不安になっ…
トラックバック:0

続きを読むread more

対処療法なめんな

 今日行った病院で、「病気は心身の不調を知らせるアラーム。だから薬で無理やりアラームを止めるんじゃなくて、アラームを鳴らしている根本原因に目を向けるべき」みたいな話をされました。  こういうこと書いてる本はこれまでにも読んだことありますし、一理あるとは思います。が、同時にツッコミどころも山ほどあり、そのことが頭の中でグルグルとうずまい…
トラックバック:0

続きを読むread more

最強の権威による、権威主義の否定

苦しまなくて、いいんだよ。PHP研究所 プラユキ・ナラテボー Amazonアソシエイト by  僕は病気の治療に役立てばと、瞑想に関する本を何冊か読んできました。  中でも、つい先日読んだこの本はイチオシです。瞑想関係の本でどれか一冊選ぶなら、あるいは最初の一冊にするなら、これが一番じゃないかと思います。  とい…
トラックバック:1

続きを読むread more

自律神経を整えれば病気は治るかも ~薬物治療と栄養療法の問題点~

 この前もちょっと書きましたが、僕は現在、精神系の病気を患っています。  具体的に病名を挙げると、強迫性障害を中心にした不安障害、それに伴うであろううつ病、あとは舌痛症です。元々は最初の2つだけだったんですが、治療(笑)を進めるうちに、それまでは全くなかった舌の痛みまで出てきました。  特にここ数ヶ月は調子が悪く、死を考えたこと…
トラックバック:0

続きを読むread more

ゲームの「隠れた真実」について

 前の記事を書いてて、こっち(隠れた真実)について考えたほうがよっぽど面白そうじゃんと思ったので、追記。 ---------- 真実っぽいものその1 「グラフィックのきれいさとゲームの面白さは比例しない」  これ、もう昔から言われてますよね。それこそもういちいち言わなくてもいいんじゃね? ってぐらいに。まあ、いまだに「グ…
トラックバック:0

続きを読むread more

長すぎて自分でもなにがなんだか ~えっと、ゲームの話~

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるかNHK出版 ピーター・ティール Amazonアソシエイト by  この本には、ビジネスで成功するためには答えられなければならない7つの質問、というのが書いてあります。  それが本当に正しいのかどうかは知りませんが、戯れに、今のゲーム機ってどうなのかなーと考えてみました。つっ…
トラックバック:0

続きを読むread more

ザックリとした健康論

 2011年にうつ病その他を発症(再発)して以来、いまだに病気の状態が続いています。  ていうか当初はなかった病気まで発症しており、なかなかステキな毎日を送っております。具体的に言うと、「死にたい」と思う瞬間が毎週何度も訪れるのが当たり前、といった具合です。いや、死にたくないんですけどね。  もしも今、人生で一番大事なのはなにか…
トラックバック:1

続きを読むread more

改めて(10年ぶり)、暴走デジモン特急を見ました ※ネタバレあり

 今さらながら、テイマーズのアフタードラマCDを聞きました。ガチでハマってた13年前(そんなになるのか……)にはなぜか聞いてなかったという。  で、同じくアフターだけどパラレルワールドである、暴走デジモン特急を久々に見ました。こちらは多分2回目、それこそ10年以上ぶりです。  なにが大変って、30分という枠だろうなと、つくづく思…
トラックバック:0

続きを読むread more

アリエッティの感想(短いです)

 この前の金曜ロードショーを録画したのを、さっき見終わりました。初見です。  映画じゃなくて、2クールぐらいのTVアニメとして放送すれば、結構化けたんじゃないかという気がします。  それこそ昔なら、世界名作劇場枠で、オリジナル要素をたっぷり入れて一年間放送するとかね。  作中では小人と人間は対立する存在、というか狩られる者…
トラックバック:0

続きを読むread more