XboxコントローラーとJoyToKeyで苦労した話

 これまでPC用に使っていた、エレコムのゲームパッド(JC-FU2912)が、誤って床に落としちゃったところ、右側のスティックが見事にぶっ壊れました。
 この2912はデザインやら使い勝手やらが結構気に入っており、今回のは多分3機目です。が、言い換えると毎回どっかのタイミングでぶっ壊れるがゆえに3機目になってるわけです。
 一応、商品としては高耐久をうたってはいるんですが、さすがに任天堂やソニー等のコントローラーに比べると、耐久性においては大きく劣ります。モノによる当たり外れもあるようで、私の場合だと、確か数ヶ月で壊れたのもあれば、1年以上もったのもあったりと、様々だったような。

 で、また同じのを買うという手もあったんですが、今回はやめました。
 最大の理由は、特にSteamのゲームをやるときのあるあるで、ゲーム画面に表記されてるボタンと、コントローラーのボタンの番号が全然一致せず、「どれ押したらどうなるんだよ!」というのがわからなくなる、というのがあるためです。

 これについては、おそらくエレコムの製品がどうのというより、一般のゲームパッドだと大体そうなるんじゃないかなと。
 で、SteamのゲームはXbox基準、いわゆる「プレステで言う×ボタンが決定ボタンになる」仕様が多いので、この際、正式にXboxコントローラーに買い換えることで、そこらの問題を解決しようかと考えました。

 Amazonで見たら、最新のコントローラーが6000円。
 エレコムの2912は大体2000円なので、3倍です。ですが、品質からいって多分3倍以上は壊れずにもってくれそうな気がするので、まあいいか、と買ってみました。

----------------
 さて、今回はSteamのゲームなどはまだ試しておらず、その前の段階の話です。
 私はPCのブラウザゲーなどもコントローラーで遊んでいることが多いです。マウスを使っていると、なぜか手首が痛くなったりしやすいので。

 で、ここらをコントローラーで遊ぶために、JoyToKeyという、コントローラーのキーにマウスやキーボードの入力を当てはめる、定番ソフトを使っています。
 が、最新のXboxコントローラーが、なぜかマウスの斜め移動に対応していません。例えばアナログスティックを左上に倒すと、上か左にまっすぐ動くだけ、という状態です。

 どうなってんだこれ、と検索するも、同じ症状は見当たりません。
 わけがわかんなかったんですが、なんか自力で解決できたので、同じ症状にぶち当たった人が出たときのために、ここに書いておきます。

 解決法は簡単で、JoyToKeyのOptionタブにある、「入力処理の設定」の「入力のしきい値」を0にしたら解決しました。
 前の2912だと、それこそアナログスティックがガバっていたのか、全く傾けてないのにマウスカーソルが勝手に動いたりしてました。なので、このしきい値を80とかに上げることで、ちょっとスティックを傾けた程度では反応しない状態にしていたわけです。

 今回はそれが仇になり、スティックの斜め入力が、斜め入力として認識されてなかったらしいです。
 この辺りも、コントローラーを変えたがゆえのトラブルとも言えるでしょうか。他にもJoyToKeyを使う場合、コントローラーを変えたために、割り当てるボタンの設定も変更する必要があったりするので、今回の箱コンに問題がないようなら、今後はこのシリーズで統一しようかと思います。