心に聞いて、elona plus

自分の病気の治療について、ここ数年は、カウンセラーの大嶋信頼先生の技法を使っています。
特に多用しているのが「心に聞く」というやつです。

これはもう、多分学生時代から自覚していたと思いますが、自分の心をごまかして生きてんなー、という思いがありました。
その結果として、病気になり、いろいろやっても治らず、生きていくのもマジ苦しいッスな状況になったところで、こりゃ、自分の心に向き合わないとダメっぽいなと思い至ったわけです。

が、長年自分の心をごまかして生きてきたせいか、自分の本心というやつがわからない! やべえ、向き合う以前の問題だ!
てな状態だったので、「心に聞く」という技法を知ったときには、これだ! とそれこそ心に直撃しました。

そうして心に聞き続けて、はや・・・・・・何年だっけ?
よく覚えてませんが、飽きっぽい僕にしては珍しく、てか初めてじゃね? ってくらい、未だにやり続けてます。

これのおかげで病気が治ったかというと、残念ながら、まだ継続中です。
でもまあ、少しずつマシにはなってるっぽいし、少なくとも心に聞き始める前よりはいろいろ楽になった気がするし、あとなんか楽しいし、ていうんで続けています。

心には事実上なんでも聞けるんで、もうなんでも聞いてます。
まあ、ちゃんとした答えが返ってくるとは限らないんですが、それはそれとして。

例えば心に聞いた結果として、おとといぐらいから、elona plusを始めてます。
elona本編、および主にomake系列の各種ヴァリアントを以前結構遊んでたものの、plusには手を出してませんでした。よー知りませんが、なんか評判悪そうだったので。

なので、plusがどうの以前に、そもそもまたelona? さすがにもう飽きたんですけど? と思いながらも、心がやれやれと言うので、始めてみました。
そしたら今のところ、結構面白いです。なにより、僕がelonaに感じていた最大のストレスである「育成めんどくせー!」が相当緩和されてるっていうのが大きいのかも。

いろんなヴァリアントを何度も最初からやり直すっていうプレイを繰り返してると、スキル入手&育成のためのプラチナコイン稼ぎが、すげーストレスになります。
が、plusの場合、最初期はスキルチケットというタダでスキル覚えられるアイテムが配られるし、新たに覚えるためのコインも15枚上限だしで、ここらへんがすごく楽でした。

さらには、スキルの潜在値が、普通に遊んで寝てるだけでガンガン上がります。また、旅歩きに「全スキルの経験値アップ」という強烈なテコ入れがされてるのも大きいです。
なので今のところ、コインを使った訓練はほとんどしてません。毎日、○○日和といって特定のスキル群の上昇率アップイベントが起こるので、そのタイミングでレベルアップ時のスキルボーナス余ってて、かつ上げたいスキルがあったら適当につぎ込む、それくらいです。てか、○○日和時はそれだけで笑えるほど成長します。

まあ、こういったところも、plusが叩かれてる一因なのかな? と想像したりもします。違うかもしれないけど。
本家elonaも、僕が遊んだ範囲内の他のヴァリアントも、程度の差はされ、スキル上げは地道な作業でした。ともかくアイテムを何十、何百と作るとか、サンドバッグに吊るした敵をオート状態にして殴りまくるとか。

こういうことしなくても遊べはしますが、特に生産系スキルを使って遊ぶ場合は、地道な作業は不可避じゃないかなーと思います。
逆に言えば、そういうのに適性ある人がelonaにハマってるとも考えられるわけで、そういう人からすれば、バランスを無茶苦茶変えてるelona plusには反感持つこともあり得るかな、と。

あとはうわさに聞く第二部以降のオリジナルストーリーだとか、他にもなんか反感買う要因があるんだとは思いますが、僕はまだ第一部真っ只中ですし、そこらへんについては言及しません。
そもそも、大嶋先生の本読んで学んだ理論で言えば、そういう反感とかって、全部「発作」になりますからね。つまりは、飲み食いしたらトイレ行きたくなるよねレベルの生理現象なんで、それ自体の是非を論じても仕方ないというか、かえって面倒なことになります。

なんにせよ、elona plusについては、やっぱ他人の評判だけで決めつけるもんじゃないなという、古今東西尽きることのないであろう感想を抱きました。
てか、育成が楽なことに加え、曲がりなりにもチュートリアル用の施設まで用意されてる時点で、下手したらelona初心者に一番オススメなヴァリアントなんじゃ? とすら思います。いや、とはいってもelonaなんで、そもそもおいそれと他人に勧められるゲームではやはりない気はしますけどね。