それもまたあなたのためのあなたの自慰

 twitterをどうにかしたい、という欲求がずっとあります。
 どうにかしたいってのが、具体的にどうしたいのか、自分でもよくわかりません。

 他人のつぶやきを積極的に読みたいかというと、それはない。リツイートとかしたいのかというと、それはちょっとしたい。自分がバンバンつぶやきたいのかというと、なんともいえない。

 たとえば、僕がこのブログを持っておらず、そもそもブログやら自分のサイトやらでなにかを書くということを知らなかったなら、もっと普通にtwitterを使っていた気がします。
 でも、現にこうしてブログで適当なことを書けてしまうと、じゃあtwitterのほうにはなにを書けばいいんだろう、とわからなくなるのです。なんでもいい? 思ったことをつぶやけばいい? それだと今度は、際限がなくなりそうだし。

 あとtwitterでつぶやくことに抵抗があるのは、有り体に言えば、怖いんですね。
 だってtwitterの言葉って、むき出しだし。そのむき出しの言葉にリツイートという形で反応できたり、あるいは直接つぶやきを送ったりとかもできるんでしょう? いまいちわかってませんけど。

 ブログでこうしてつぶやいてる分には(こんな文章、つぶやきと同レベルです)、基本、自分の家で独り言をいっているようなものです。他の人が目にしているという自覚だけ持ちつつも、んなことまるで気にしてませんみたいな顔して、独り言と称したなにか違う言葉を発信している。そういう間合いができあがってます。
 twitterは、この間合いがブログなんぞよりはるかに近い。言葉と言葉が直接他人と向き合っている、絡まっている。それが怖いという気持ちは、僕の中にあると思います。

 ただ、やりたいけど怖いからやらないのかというと、それもちょっと違う。正直、やりたいのかどうかがまずわからない。
 他人のつぶやきとか読んでても、はっきり言ってほとんどは面白くありません。有名人のものだろうがなんだろうが、関係なく。

 この話題は前も触れた気がしますが、つぶやきがつまらないのは当然です。twitterのつぶやきって、そういうもんなんだから。
 でも、じゃあ自分がtwitterで、同じようにどうでもいいことを書き続けるのかというと、それもやだなあと。

 ただ、ここまで書いてきたこの文章だって、他人が読んで面白いものなのかというと、んなこた全然わかんないわけです。

 そもそも、他人が読んで面白い文章しか発信しちゃいけないのか? 俺は自信を持って他人に読ませられる文章しか普段書いてないのか? そんなわけない。
 じゃあtwitterでゴミみたいなつぶやきを量産しても、結局やってることはこれまでと変わらないんだからいいんじゃないの? いや待て、やってることがこれまでと変わらないんなら、そもそもtwitterに手を出す意味もないじゃん。

 ……やっぱり、他人のつぶやきにリツイートするとか、そういうことをしないのであれば、わざわざtwitterを使う意味はないんだろうか。

 自分しか読めない日記帳につづる文章。ブログにこうして書く文章。twitterのつぶやき。自分が書いたものを他人に見せたい、という気持ち。
 その辺りの区分けが、僕の中でまだうまくできていない感じがします。

 たとえば、適当に日を決めて、「今日は徹底的につぶやくぞー」とかやってみるといいんだろうか。どうでもいいつぶやきなら毎分でも発信できる自信はあるけど。「ネギまの新刊買い忘れた」とか(昨日の話です)。

☆★☆★☆

 ここまでの本文を書いたところで、記事のタイトルはどうしようかと考えたところ、この名言が一瞬で浮かびました。
 んで検索してみたら、18件しか出てこない。どういうことだ。

 まあ他人の創作に対して、単なる自己満足、オナニーにしかなってない、という批判はよくあります。エヴァのテレビ版が放送されてたときも、そういう論評がありましたっけ。
 でもさ、美人のオナニー動画なら見るに足る――ああえっと、全年齢全年齢。

 創作のことで言えば、「作り手が楽しんで作ったものでなきゃ、受け手を満足させられるわけがない」みたいな理屈もあります。
 この理屈も、「別に関係なくね?」と思います。いちいち具体例は出しませんけど、ゲームとかでも、「スタッフ全員が楽しんで作りました」とか言ってる凡ゲーやクソゲーなんていくらでもあるだろうし。ここらへんの因果関係があるのかないのか、誰かきちんと調査してくれないかなあ。

 文章を書くという行為それ自体が、ある種の心理療法になっている、とは言われています。書くことで気持ちがすっきりするっていう。これは僕も実感として感じています。
 だったら、他人がすっきりするために書いた言葉を読んで楽しむとか感動するとかいう精神は、一体どういう理屈に基づくものなんだろう。共感? 人間のコミュニケーション能力そのものに関わる問題なのか?

 と、本来なら上の☆★☆★☆までの文章だけで済ませるはずだったのに、さらにここまで余談が増えてしまいました。
 こういうレベルの文章なら本当にいくらでも書けそうな気がするため、twitterに手を出すのがためらわれるのです。きりがねえって。マジマジほんと、マジほんと。だってこれ、もう脳が書いてるわけじゃなくて、指が勝手に

(終)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

この記事へのトラックバック