2010年度クリスマス特別企画 オススメのラノベを紹介してみる

 ゲームの代わりにラノベを紹介してるだけじゃねーかとお怒りのあなた。その通りです。ごめんなさい。
 ただ、今回は「今年発売の」とか「今年読んだ」とかいう枠を設けず、僕が30年間生きてきた中で読んだラノベから、特にオススメの作品を紹介しちゃいます。年末年始になにか特別な娯楽を求めている人は、以下のリストから未読のものを選んで、ぜひ読んでみてください。

 なお、紹介文は基本的に短めで行きます。長く語り出すと疲れるので。
 あと、別に面白さ順やオススメ順に並べているわけではありません。

☆★☆★☆

銀河英雄伝説



 宇宙一の小説。必読。

☆★☆★☆

アルスラーン戦記



 銀英伝に次ぐ、田中芳樹の代表作。銀英伝に比べると全体的にやや物足りない点があるものの、その分読みやすさはこちらのほうが上かも。なんにせよ、傑作には違いない。

☆★☆★☆

ロードス島戦記



 古典的名作。今読んでも面白い、はず。エルフ=貧乳という常識を世に知らしめた作品でもあったが、そちらの常識はエロゲー様たちの活躍により、今はなかったことになってる。

☆★☆★☆

星海の紋章



 SFといえば「読みにくくてわけがわからん」でおなじみ(?)の中、読みやすくて面白い、希有なSF。最大の欠点は、新刊が出ないこと。

☆★☆★☆

フォーチュンクエスト



 世の中にたくさんありそうでいて、実はほとんどないと思われる、ほのぼの系ファンタジー小説。「新」以降は個人的にあまりオススメしないが、無印版の8巻までは文句なくオススメ。

☆★☆★☆

魔術士オーフェンシリーズ



 今回取り上げた作品の中でも、勧め方が一番難しい一作。ベストセラーとしての実績はすでにあるので、無条件で勧めてもいいのかもしれないが、それだと少し引っかかる。

 シリーズ物のラノベの中でも、作品の雰囲気が途中で大きく変わっていった代表例ではないかと思う。
 乱暴に言ってしまえば、前半は「面白いラノベ」に過ぎないともいえるのだが、後半は違うなにかへと変貌を始めている。前半はまだ記号的な側面の強かったキャラクターたちが、「人間」へと変わっていった、とでもいうか。

 それゆえに後半を嫌うファンもいるらしいけど、僕はむしろ、この作品の真骨頂は後半にこそあると思う。

☆★☆★☆

小説ドラゴンクエスト5



 シリーズ1ストーリー性が強いドラクエ5の小説版。
 書き手の力量と相まって、単なるゲームのノベライズの域をはるかに上回った一作になっている。多分、ゲームをやったことがない人でも楽しめるはず。

☆★☆★☆

シュピーゲル・シリーズ





 血反吐を吐いて戦う少女たちと、自らの責任を果たす大人たちの物語。
 レーベル的にはライトノベルだし、表面的な設定とかもライトノベルではあるのだが、中身は7割方別物。個人的には、今回取り上げた作品の中でも特に強く勧めたい。

☆★☆★☆

銀盤カレイドスコープ



 ラスト3巻が神がかっているシリーズ。シリーズものの最終章のすさまじさにおいて、この作品を越えるものをいまだ見たことがない。うちの母(60歳非オタ)も絶賛していた。

☆★☆★☆

タザリア王国物語



 物語的な面白さは相当なレベル。上に並べた作品群に匹敵するかというと怪しいものの、おそらく知名度はかなり低いと思うので、もっと評価されるべきという思いを込めてオススメしておく。

☆★☆★☆

 以上10作品をもって、オススメ作品の紹介を終わらせていただきます。
 以下、言い訳。

 30年間生きてきて、オススメのラノベが10作しかないってどうよ。

 いや、実際にはもっといろいろあるんですが、なまじ銀英伝とかアルスラーンとかのトップクラスを紹介しちゃったんで、それに並ぶ作品じゃないとなんか紹介しにくいなー、などとためらってしまったのです。

 あと、現在進行形で有名な作品も、わざわざ改めて勧める必要はないかと思い、外しました。今回は「昔の名作」および、「現在のマイナーっぽい傑作・良作」のみを勧めています。
 他には、おそらく僕自身が素で忘れている名作もあると思います。まあこれについては、忘れてる時点で名作じゃないだろうとも思うので、気にしないことにします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのトラックバック

  • メディアリテラシーって、要するにツッコミ力か?

    Excerpt:  現在の情報化社会においては、一人一人がメディアリテラシーを身につけるのが大事だ、情報の真偽を見抜く能力が必要だ、と以前から散々聞かされてきました。  まあ確かに大事なんだろうねとは思いつつ、じゃあ.. Weblog: U型改 racked: 2011-01-18 14:41