ゼノブレイドの、あるいは僕の欠点

 ゼノブレイド、メインストーリー以外への興味が失われつつあります。
 といってもすでに30時間近く遊んでますし、今後も続けるつもりです。なので、クソゲーだなんだと言うつもりはありません。ただ、メインストーリー以外は個人的にどうでもいいな、と感じただけです。

 クエストに興味がないというのはこの前書いた通り。
 ではその他の要素はどうかというと、こんな感じです。

だだっ広いマップ→移動するのが面倒くさい

戦闘→あまり面白くない

キャラのカスタマイズ→細かくいじるのがかったるい

アイテム収集→どうでもいい

 ゼノブレイドはいろんな点で、昨今のMMOに似てます。
 マップが広すぎて移動が面倒くさいというのも、適当なMMOを想像してもらえばわかると思います。要所へのテレポートは可能なものの、そこから先はあくまで歩きです。

 戦闘も、MMOでちらほら見かけるタイプです。
 バトルモードの状態で敵に近づくと、自動的に攻撃開始。キャラが身につけている技を選択すれば、それを使用。一度使った技はしばらく使用できなくなり、一定時間が経過するのを待つことになります。

 この戦闘が、どうにもつまらない。
 アクションバトルに比べると、「自分が操作している」感が薄い。コマンドバトルに比べるとテンポが悪い。リアルタイムで進むため、全体の状況をゆっくり把握できないのもつらい。

 ただ、ゼノブレイドの戦闘面に関する面白さは、おそらく戦闘そのものではなく、その前の準備段階にあるのだと思います。
 ゼノブレイドでは、敵に大ダメージを与えると、そのキャラが敵から狙われるという仕様になっています。そしてキャラごとに特性が異なっており、「HPは低いけど攻撃力が高い」「敵から狙われやすくてHPも高い」といった特徴があります。

 つまり、どういうパーティー編成にして、どういうスタイルで戦闘に臨むかを考えるのが、ゼノブレイドというゲームの面白味になるんだと思います。
 キャラおよび装備のカスタマイズ要素も、そこに絡んだものと言えるでしょう。たとえば、盾役のキャラには「HPアップ」「防御力アップ」といった装備を持たせまくり、ともかく敵からの攻撃を集中させつつ、死なせないようにする。他の2人は防御を捨てて、攻撃力を徹底的に上げる、といった具合です。

 しかし僕にはこういった要素を楽しめない理由があります。
 第一に、そういう細々とした作業が嫌いだということ。第二に、ハーレム好きであることです。

 第二の理由はなにが問題かというと、僕がパーティーを「主人公+女キャラ2人」で固定しているところです。他の男をバトルメンバーに加える気などないのです。
 結果、どの戦闘にも同じメンバーで挑むことになり、自然と単調になります。もっとも、メンバーや装備をコロコロ変えるというのも性に合わないので、たとえ登場キャラが全員男だったとしても、結局は同じキャラしか使ってなかったでしょう。

 こんな感じで、移動はかったるい、戦闘はいまいち、アイテム集めやクエストにも興味ない、となっちゃってます。ゼノブレイドを構成する要素の7割ぐらいを否定している感じです。
 ただ、メインストーリーにはいまだに興味があるので、続けて遊ぼうとは思っています。できればこの興味が最後まで続きますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • やる気がないので短めに

    Excerpt:  昨日自分が書いた文章を元に、ゼノブレイドの遊び方をちょっと変えてみました。  具体的には、装備にくっつける強化アイテム(攻撃力アップとか)の生成をきちんとやってみました。その上でキャラのステータス.. Weblog: U型改 racked: 2010-06-15 20:10