孫子 まとめてみた

 なんとなく、まとめてみました。
 基本的に要旨のみ。僕が「別にいいや」と判断したところはカットしてます。有名な風林火山とか、敵を知り味方を知れば(ry も、ちょっと抽象的に感じたんでカット。あと、いろんな意味で僕が勝手にまとめてるだけなので、「これが孫子なのか」などとあまり信用しないように。

☆★☆★☆

第一 計篇

・戦争やんなら、以下の5つについてまず検討しろ。味方と敵とで比較すんだぞ。これで比べりゃ、戦う前からどっちが勝つかなんてわかりきってんだからな。

道……民衆の心は指導者と一体になってるか?
天……季節とかどうよ?
地……地理チェックしろよ?
将……将軍のレベルは?
法……軍関係のルールはきちんと整備・運用してるか? 兵士の訓練度は?

・敵をだませ。弱点を突け、ないなら作れ。臨機応変にやれよ。


第二 作戦篇

・戦争を長引かせてもいいことなんて1つもないんだから、早く終わらせるんだぞ。でないと財政が破綻してボロボロになったり、他の国に攻められたりするぞ。

・できれば敵から物資を奪えば、こっちの損害が減るからいいよね。物資奪ったやつは褒めとけ。


第三 謀攻篇

・自分が傷つかないのが最高の勝ち方ってやつよ。ボロボロになって連戦連勝したって、自慢にゃならん。

・てことで、戦争で優先すべきは以下の順ね。

1. 敵の策謀を打ち破る。
2. 敵がよそと同盟を結ぶのを阻止する。
3. 実戦。
4. 城攻め。これはすげー大変だから、最悪の手段だよ。

・勝つためには以下の5点にちゅーもーく。

1. 今は戦ってもいいのか、ダメなのか?

2. 大軍と小勢では戦い方も違うぞ、わかってんのか?

3. リーダーと下っ端は一心同体になってるか?

4. こっちはしっかり準備して、油断してる敵を叩くんだぞ?

5. 将軍は有能で、上からいらん指示とか出てないだろうな?


第四 形篇

・まず味方が絶対負けない態勢を作り上げろ。それから敵の変化に注目して、どう戦ってもこっちが勝てる状況になるのを待つんだ。「奇跡の逆転勝利だぜ(キリッ」とか言ってる馬鹿は、奇跡がなきゃ負けてた戦いをやった時点で馬鹿なんだからな。


第五 勢篇

・勝負を決めるのは、全体の勢いだよ。正攻法と奇策を駆使して、ぐにょーんと戦うんだぞ。個人の力なんかに頼るのは三流。


第六 虚実篇

・敵をコントロールして楽に勝てる態勢を作れ。こっちの動きはバラすなよ。


第七 軍争篇

・軍隊をうまく動かして戦場の主導権を握れ。旗や太鼓を使うと味方の大軍をコントロールしやすいぞ。


第八 九変篇

・実戦の基本ルールは以下ね。

1. 高い所にいる敵を攻めんな。

2. 丘を背にして攻めてくる敵とは戦うな(※なんで?)。

3. 険しい場所にいる敵とは長くにらみ合うな。

4. わざと逃げ出した敵は追いかけるな。

5. 気合入ってる敵にケンカ売んな。

6. おとりに手ぇ出すな。

7. 故郷へ帰ろうとしてる敵の道を防ぐな。向こうは必死で抵抗してくんぞ。

8. 敵を包囲しても逃げ道は用意しとけ。でないと向こうは必死で(ry

9. 追い詰められた敵を苦しめんな。向こうは(ry

・一般論だけど、何事にもプラスとマイナスの両面があんだから、なにかするときはそこらへんをきっちり考えろよ。

・敵のうっかりミスに期待せずに、なにされても大丈夫な態勢を作っとけ。

・味方のこういう将軍には注意ね。

1. 決死の覚悟を固めちゃってるやつ。死ぬから。
2. 生きのびることだけ考えてるやつ。捕まるから。
3. 短気なやつ。罠にはめられるから。
4. プライドの高いやつ。馬鹿にされると弱いから。
5. 情け深いやつ。下っ端に手ぇ出されるのに弱いから。


第九 行軍篇

・地形にはいろいろ注意しろよ。詳しくは本編読め。

・敵の動きをよく見て、実情を察しろよ。特になんか変な動きしてるときや、妙に必死なときは注意ね。ハッタリかましてる可能性も高いから。

・軍のルールはきっちり守らせろよ。じゃないと部下に恨まれたり、なめられたりすっぞ。


第十 地形篇

・地形について。基本、攻めたほうが有利なら攻める、不利なら敵を誘い出す、以上。

・部下はきちんと扱えよ。いじめんのも、ビクついてなめられんのもダメだ。あと、勝てもしない戦いを強制させんなよ、みんな萎えるから。

・今がチャンス! ってときは、上の命令なんか無視して戦え。逆に絶対勝てないときは、上がなに言ってこようが無視しろ。

・敵味方のことや、地形や天候のこと、要するに戦闘に関する情報を全部把握してれば、絶対勝てんだよ。


第十一 九地篇

・基本、敵の領土に侵入して戦え。周りが敵だらけだと、味方も必死で戦うからな。あと、やばい場所はさっさと通り過ぎたり、他国と同盟組んで周りを固めたりしろよ。

・敵の軍同士や人間同士を仲違いさせれば楽勝よ。え、敵に隙がない? だったらババッと動いて敵を脅かせ。

・ともかく情報が命。いろんな情報を把握した上で、こっちの情報は徹底して漏らすな。いざ動き始めたら即行でカタつけろ。


第一二 火攻篇

・火は便利だから、うまく使って戦えよ。


第一三 用間篇

・ともかく戦いには情報が大事だ。だからスパイをうまく使えるかどうかで勝負は決まるんだ。相手の国の人間や重臣を抱き込むとか、こっちから偽情報を伝えるとかな。もちろん普通にスパイを潜入させる手もあるぞ。敵のスパイを見つけたら、うまく取り込め。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ぼくのりそうのMAG?

    Excerpt:  MAGというゲームについて、制作者が理想としたのは、おそらく昨夜まとめた孫子のような世界じゃないかと思います。  すなわち、地形や戦場の法則に熟知した指揮官が、統制の取れた部隊を率い、敵と味方の情.. Weblog: U型改 racked: 2010-02-09 13:33