三国志8 目指すは兄者の天下プレイ

 PC版三国志8をPKとセットで買い直し、189年の関羽でプレイ。

 周囲の都市に密偵を放ち、季節ごとに情報をチェックしたところ、生意気にも孔融がうちへ出兵する準備を進めていた。
 なので先手を打って、忠誠度の低かった太史慈を引き抜いてやる。ざまあみろ。

 その後、金よこせば見逃してやるぜというナメた使者をよこしてきたので、当然追い返す。
 すぐさま4万の兵を派遣してくる孔融。総大将は、なぜかここにいる夏侯淵。このシナリオでは曹操が独立していないとはいえ、よりにもよって孔融なんぞに仕えんでもいいだろうに。

 参軍を任された関羽は、味方に弓兵が多いのを見て、遠射の戦術を選択。砦に兵を集め、目の前の川を渡ってくる敵を射貫く策である。
 これが見事に当たり、孔融軍はまともな戦いになる前に敗走。夏侯淵こそ逃がしたものの、他の捕虜は全員が劉備に降った。

 こんな状況でもまだ、「金よこせば許してやるぜ」という使者を送ってくる孔融殿。いい度胸なので、近いうちにブチ殺そうと思う。

☆★☆★☆

 ……久々にこのゲーム遊んだら、たった1時間でこれだけの出来事が起こりました。やっぱいいゲームなんだなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック