なつかしのゲーム語り 第37回 燃えろ!! プロテニス

 いつものようにニコの動画を貼ろうと思ったんですが、2種類公開されているうち、片方はなぜかBGMなし、もう片方はオワタ式&BGM差し替えと、どちらも参考資料としては微妙です。試合中の音楽が結構好きだったので、できれば紹介したかったんですよね。


 音楽ついてるほうが寂しくないので、あえてオワタ式をご紹介。

 燃えろシリーズといえば、「バントでホームラン」のプロ野球が有名です。



 ですがこのプロテニスについては、そういう超常現象は(おそらく)見られず、普通にテニスっぽいことができます。COMも強かった記憶があります。てか、クリアできてません。

 なぜこのゲームが思い出に残っているかというと、友人との対戦が面白かったからです。
 といっても普通に対戦していたわけではなく、ネタプレイに走っていました。

互いにネット際に出て、高速でレシーブを返し合う

そのまま徐々に横に移動して、コートの外、そして画面外にフェードアウト

選手もボールも見えない中、リズム感のみでレシーブを継続。コート外にいるため、返し損ねると相手の球がアウトになってこちらのポイントになる、というわけのわからない状態に

 こういう遊びは人間相手でないと不可能なもので、やたらと楽しかった記憶があります。
 なお、僕はいわゆるテニスゲームというやつをこれ以外にやったことがないため、マリオテニスとかで同様のプレイができるのかどうかはわかりません。任天堂のことですから、ゲームとしてきちんと作ってある分、おそらくはこんなネタプレイはできないでしょうけど。B級にはB級の味があるのです。

 あと、このゲームの女子キャラ中最強のやつは、ブスで年増だった覚えがあります。単に現実のテニスプレイヤーがモデルだっただけかもしれませんが、いかにもボスらしい貫禄があって、結構好きでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック