あら珍しい オススメライトノベルの話

 普段はゲームの話ばっかしてますが、ライトノベルも結構いろいろ読んでるんで、そろそろオススメのを紹介したいと思ってます。
 ただ、具体的にどう紹介したものか。なんか、いい紹介文のイメージがわかないんですよね。

 とりあえず、各作品のタイトルと、思いついたイメージをそのまま書いてみます。

とらドラ!
 説明不要。僕はアニメの終盤を見てないので、原作との違いについては語れません。あと、一番乳臭くて、一番恋人にしたいのは亜美ちゃんです。

ムシウタ
 4巻注文中。楽しみ。人が悩み苦しみながら、それでも信念とか愛とかいろんなものの力でがんばって、苦難を抜け出し逆転する物語は面白いっすね。と改めて思わされた作品。

いぬかみっ!
 かのこんと混同して放置してました。まあ要は萌え小説なんだろうなと思って読んだら、むしろ半分ぐらいは馬鹿要素で締められてました。最終的にはキャラも好きになったし、満足しています。

煉獄のエスクード
 1巻を読んで、レイニーさんに惚れたあなた。続刊を読み進めていけば、きっと幸せになれる。……今度出る最終刊次第では、不幸のどん底に落ちるかもしれんけど。

レジンキャストミルク
 タイトルから想像されるイメージは、おそらく間違っています。「ミルク」って単語は不思議な力を持ってるな。「みるく」とひらがなで書くとなおさらだ。まあそんなことはどうでもよく、普通に人が死んだりする作品。

黄昏色の詠使い
 こちらも今度最終刊が出る模様。正直、結末についてはどうでもいい気分ですが、ここまで楽しく読めたのは事実です。

輪環の魔導師
 いかがわしいことを考えたあなたは児ポ法で逮捕されちゃえばいいよ。この作品、ヤンデレとか出るけど。かなりガチだけど。

 まともな紹介文になっているかはかなり怪しいですが、気負わずに書いてみたら、こういう文章が出てきちゃいました。
 まかり間違って興味を持っちゃった人は、大体Amazonで1円(+配送料)から売られてますんで、適当にどうぞ。いや、別に新刊で買ってもいいんですけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック