無双5エンパイア 3時間半遊んだ感想

 個人プレイ好きの僕としては、最初に遊ぶのは個人プレイだと決めていました。
 で、なんだかんだいって思い入れがあるのは劉備ファミリーなので、黄巾シナリオの関羽を選択。劉備に仕え、忠義の一生を送ろうと考えました。

 このシナリオ、関羽も劉備も最初は在野です。
 なので、劉備が歴史の表舞台に現れるまでは、一般のクエストをこなして待つことにしました。とりあえず、非道の盗賊から民を守る仕事を引き受けます。

 盗賊の一味として現れた劉備。
 軽くぶっ殺したところで、こりゃ劉備に仕えるという線はないなと思い、地元の袁紹に仕官しました。その後は、順調に出世しています。

☆★☆★☆

 このゲーム、基本はあくまで「無双」であり、また従来のエンパシリーズの流れも汲んでいるため、ことさらな新鮮さはありません。
 その代わり、うまく遊べばかなり楽しめるんじゃないかという可能性は感じています。その最大の理由は、100人まで登録可能なエディット武将です。

 奇しくも昨日書いたように、自分の好きなキャラをゲームの世界に登録して遊ぶというのは、コーエーの三國志シリーズの醍醐味と言えます。
 それと同じことが、無双でできる。しかも他の武将と義兄弟になったり、異性であれば結婚したりもできる。好きな人にはたまらないんじゃないですかね。

 あと、戦闘も結構熱いです。
 難易度「普通」の場合、武器強化やスキル取得等を普通にやっていくと、楽勝になります。ただ、楽勝だからつまらないかというと、そうでもありません。敵がともかくわんさかわいてくるので、そいつらを斬って斬って斬りまくるのは、なんともいえない快感です。特に狙ったわけでもないのに、2000人斬りを達成しちゃったりしました。

 ということは、難易度を上げれば、おそらく手応えもそれに応じて生まれるのでしょう。また、難易度「普通」であっても、武器やスキルを強化しなければ、いい案配で楽しめるのではという気がします。
 ま、所詮まだ始めたばかりなので、断言できることではありません。ちまちまと遊んでいきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック