Civ4 便利MODと孫子の話

 東方叙事詩が1.106にバージョンアップしていたので、更新。
 あと今回は、CGE版をプレイしてみました。

 CGEというのは、Civ4のゲーム性はそのままに、より遊びやすくシステム周りを変えてくれるMODです。
 ちょっと遊んだ感じ、個人的に便利だと感じているのは以下。

・次のターンに「都市の人口が増える」「不幸な住民が現れる」といったアナウンスが表示される

・自分や他文明の軍事力が数字で表され、通常画面で常に見ることができる(諜報で敵情報を手に入れている場合)。また、他文明との軍事力の差が開きすぎている場合は、数字の色が変わる。

 あと、「他文明に要請可能な外交要素がアナウンスされる」という機能も、使いこなせば面白そうです。たとえば今やっているゲームだと、「永琳に対し宣戦布告するよう、アリスに要請することができます」みたいな情報が表示されています。
 基本、導入して損のないMODだと思うので、Civ4好きの人はぜひ検討してみてください。てか、いずれ出るであろうCiv5には、これぐらい便利なシステムがデフォルトで搭載されていてほしいなあ。

☆★☆★☆

 で、今回遊んでいて思ったこと。

 このゲームを勝利する上での理想型の1つは、「圧倒的な軍事力を持つ」ことです。他国を軍事力で圧倒してしまえば、そのまま制覇勝利を狙うもよし、他の勝利条件をめざすもよし、ともかく選択肢がグッと広がります。
 しかしゲームの難易度がある程度上がれば、そううまくは進みません。他の文明も、自文明と同等かそれ以上のスピードで発展するからです。

 ということで、理想を1つ落としてみました。
 すなわち、他国を攻めるタイミングは、「領土を確実に奪える目算が立ったとき」であること。負け戦では話になりませんし、たとえ引き分けでも、その間に他文明には引き離されているわけですから、相対的にはやはり負けです。勝って自文明を発展させることができなければ、戦争をする意味はないのです。

 逆に言えば、他国に宣戦布告なんかされた場合は、もうその時点で失策であると言えます。もしも戦争をして勝てるのであれば、こちらから仕掛ければいいわけですから、宣戦布告などされるはずもありません。
 無論、ライバル文明は1つではなく、世界では多くの文明の思惑が絡まり合っています。その分、判断も慎重に下さねばなりません。

 よって、基本は以下のようになります。

1. 自他に関する情報を集め、分析を怠らない。自分の情報はいつでも見れるものの、「攻城兵器がないのに都市攻めを始めてしまった」なんてマヌケな自体に陥ってしまうのでは、情報の持ち腐れです。

2. 自力で勝てないのであれば、他文明を動かす。てか、これをうまくやらないと、一定の難易度以上で勝つのは多分無理。


 こういうふうに考えると、孫子とかに書いてあることは、このゲームにもいろいろと応用が効くんだなあと、改めて感心します。
 ……あ、でも僕自身は難易度「皇子」でがんばっている程度の腕なので、以上の話はCiv4の攻略法としては無視してください。単なる与太話です。おそらく、攻略法が知りたいだけなら、ニコニコでうまい人の動画を見物するほうが遥かに有意義だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック