雑記 東方テレビ格差社会

 東方紅魔郷、ノーマルモードをクリアすべく、計画を立てました。
 まずは普通にやる。コンティニューはせず、リプレイを保存。後は手こずった場面をリプレイでチェックして、決めボムをする箇所を決める。よし、行こう。

 ノーコンでそのままクリアできちゃいました。うん、まあ、いいことだ。
 で、次はエクストラに挑戦。妹様つえー。なにあのレーヴァテイン。

☆★☆★☆

 ついに、見ているテレビ番組が1つもなくなりました。
 唯一見ていたとらドラも、放映前のエピソードを原作で先に読んじゃってからは、もう見る気が起こらず。とらドラのアニメのクオリティは相当高いんで、こりゃもう、クオリティの問題ではないですね。僕の中での大原則として、小説>>>アニメ、という図式が成り立っちゃっているのです。

 理由。小説なら1秒で読めるセリフを、アニメだと5秒ぐらいかけて聞かなければならないから。
 もうこのタイムパフォーマンスの差、それに尽きます。そういや大学の講義とかも、同じような理由で聞き流してたっけ。教科書に書いてあるのと同じこと聞くだけなら、読んで済ませたほうが圧倒的に速いしなあ。

 これまでは、アニメの新番は一応全部チェックするのを習慣にしていました。
 でもこれからは、事前に公式サイトとか見て、ある程度厳選しようかと思います。ぶっちゃけ、全部見るのはいい加減ストレスになってたし。とりあえず、絵柄と監督、シリーズ構成の名前辺りがポイントか。

 なお、ゲーム機は全てPCモニタにつなげているため、テレビの役割は本当になくなりました。
 11年の地デジ完全移行の際も、わざわざテレビを買い換えたりはしないかもしれません。一応、リビングには地デジ対応のテレビが置かれているんで、どうしてもなにか見たければそっちでいいわけだし。

☆★☆★☆

『ローマ人の物語』12巻を読み始めました。このシリーズ、一気に読む気にはならないのですが、間を置いてちまちまと読み進めています。
 んで序盤から、国民全員を平等にしちゃった結果、かえってみんなの意欲がなくなってグダグダに、という話が出てきます。なんか、今までこのシリーズ読んできた中で、一番ガックリくるエピソードでした。他のなによりもこのエピソードこそが、ローマの滅亡を決定づけたんじゃないかという空気が漂っていて。

 格差はよくないというのが現代の風潮っぽいですが、そうなのか? とよく事情を知らないままに、ずっと疑問に感じています。
 人に差ができるのは当たり前なんじゃねえのかと。運動会でみんな一緒にゴール、みたいなエピソードが馬鹿らしいというのなら、社会から格差をなくせなんていうのも同じく馬鹿らしい主張なんじゃないのかと。

・貧しくても最低限の生活はできる

・努力すれば上の階層へ移動できる

 この2つさえ押さえておけば、その上での格差は別にあってもいいんじゃないかと思います。てか、ローマ人のアレを鵜呑みにするならば、むしろ格差がないと社会はかえって停滞するのでは。
 まあ、この2つ、特に前者をどうやって現実化するのかが問題なんでしょうけどね。生活保護とかどうなってるんだろ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック