ネギま24巻限定版 実はおととい届いてました

 ネギま24巻限定版付属のDVDを視聴。アーニャが来て大騒ぎのあの話です。
 ……こんな話だったっけ? いや、間違いなくこんな話なんだけど、印象がずいぶんと違うなあ。

 同じ話でも、マンガで読むのとアニメで見るのとでは全然違うなと、今回改めて思いました。
 マンガの場合、自分の見たい所だけ見ることができます。興味のないシーンはかっ飛ばしたり、セリフは一瞬のうちに脳内で処理したり。

 対して、アニメの場合は、こちらの興味に関係なく、全部のセリフ、全部のシーンを均等にぶつけられます。興味ないから見ない、というわけにはいきません。
 なので結果として、原作で読んだときとは、ずいぶん印象の違う話として受け取ることになります。

 言い換えれば、僕はネギまのラブコメ部分は、結構適当に読んでるんだなということがわかりました。
 かといって、ラブコメ部分が嫌いだとか、不要だと思ってるとかいうことではありません。ラブコメがなきゃ、ネギまとは言えんでしょう。

 でも、作品を構成する上で必要な要素と、作品を楽しむための要素は、必ずしも一致しません。
 そしてアニメの場合、楽しむための要素だけをピックアップして見るのは困難です。

 ゆえに、原作の展開を忠実に移植することが、かえって原作の味を損ねる結果にもなりかねません。
 じゃあ原作の魅力をアニメで再現するにはどうすればいいのか。この辺りの方法論を突き詰めて考えてみたら面白いでしょうね。

 ところで、24巻本編の感想については、どう書くか決めかねています。
 これまでやってきたダラダラ感想は、読み直してみると、ぶっちゃけつまらないし。もっといい形の感想が書けないものか、あるいは無理して書くことはないのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック