三国志7withPUKにおける、顔グラ変更時の不具合の修正法

関連記事
http://u-gata-kai.at.webry.info/200712/article_24.html
http://u-gata-kai.at.webry.info/200802/article_25.html(コメント欄)

 別記事での質問に答えようと思ったのですが、長くなりそうなので、コメントではなく記事の形で返答させていただきます。

 初めに申し上げますと、この修正法を実行するのはかなり面倒です。また、以下の説明も、おそらくかなりわかりにくいかと思います。
 なので多少見栄えは悪いですが、顔グラの最下部については気にせず遊ぶのが一番楽だと思います。それでもあえて直したいというのであれば、以下の説明をお読みください。

☆★☆★☆

 ニコニコから来られたということなので、顔番号520に「霊夢」、521に「魔理沙」、522に「アリス」を登録すると仮定して説明します。

 三国志7(おそらくPUK版のみ)では、顔画像520の下に521が、さらにその下に522がくっついているものとして扱われているようです。
 問題の現象は、520の下部5ドットに、521の上部5ドットの画像がずれて表示されてしまう、というものです。

 つまり例で言うと、霊夢の画像の下部に魔理沙の画像の上部5ドット分がくっついて表示されていることになります。
 この場合、魔理沙の画像の下部5ドット分には、アリスの画像の上部5ドット分がずれて表示されています。

 なので、たとえば魔理沙の顔グラを本来のイメージ通りにゲーム中で表示させたい場合は、

「魔理沙の画像の最上部に、霊夢の画像の下5ドット分をくっつける。代わりに、魔理沙の画像の下から5ドット分は削除する」
「アリスの画像の最上部に、魔理沙の画像の下5ドット分をくっつける」

 という作業をした上で、顔グラ変更ツールを実行すればいいのです。
 1人の顔グラを直すためには、顔番号の前後合わせて3人分の顔グラをいじらねばならない、というわけです。

 なお、この画像加工は手動でちまちまと行わなければなりません。
 VIXを使う場合、個々の画像を呼び出した上で、「編集」→「連結」で画像をくっつけ、トリミングで該当箇所を切り抜くのが一番早いと思われます。

 もっとも、最初に書いたように、一番いい解決法は、がんばらずに諦めることだと思います。
 もしニコニコに動画を上げる場合は、「顔グラの最下部がおかしいのは仕様です」とか書いておけば、みんな納得してくれますよ。きっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック