絢爛舞踏祭 初心に帰ったプレイ

 絢爛をプレイするにあたり、なんかいろいろこったことをしなきゃいけないとか、絢爛のポテンシャルをフルに発揮せねばならないとか、そんな考えにずっととらわれていました。
 ですがここらで初心に帰ります。何事も大切なのは、自分に合ったやり方をすること。いくら他人のプレイが鮮やかだからといって、自分にできないことをしようとしてはいけないのです。

 ということで初心に帰り、女の子をひたすら追いかけてみることにしました。なにも間違っていません。

 出会いを大切にしたいのと、あまりNPCに死なれたら困るということで、シナリオ1を選択。
 まずは服装がエロいことでおなじみのメイを追いかけます。初期メンバーの中で個人的に一番好きなのはミズキなんですが、彼女とはすでに恋人になったことがあるので、今回は後回しです。

 仕事そっちのけでメイを追い回すプレイヤー。トレーニングルームまで追っかけて、一緒にサンドバッグを叩いたりしてみる。
 食事も一緒にしようと思ったら、メイはカフェを使っているので、向こうから持ちかけてくれないことには同席できない。そうか、高級志向だったのか。こっちは普段、食堂ばっか使ってるんで気づかなかった。

 ヤガミに尊敬の念を訴えようとするも、スルーされるメイ。
 あいつのことどう思ってるのと尋ねたら、結構スキかなとかあっさり答えられたので、顔をしかめてみる。

 その後、今度はエリザベスに尊敬の念を訴えるも、引かれているメイ。
 なんていうか、上昇志向の子ですよね。ゲーム中できちんと上昇してるシーンは見たことないですけど。エリザベス死亡、跡を継いで艦長になんてイベントでも起これば面白いのかもしれませんが、まずエリザベスがピンポイントで死ぬ状況が作りにくそうだなあ。

 ちまちま仲良くなっていくうちに、戦闘発生。
 雑魚敵ばかりですが、どうも大量にいるらしく、帰投しても警戒態勢が解かれません。こんなときに世間話持ちかけるのもどうかと思い、まじめに訓練に励みます。

 戦闘。戦闘。戦闘。

 これなんのイベント? と聞きたくなるぐらい、ぶっ続けで戦闘が続きます。
 出てくるのはあくまで雑魚艦隊であり、プレイヤーにとっては楽勝です。とはいえ、夜明けの船は魚雷を数発喰らってますし、艦内のクルーにすれば全然休む暇がないわけで、NPCの立場に立って考えてみたら、こんな戦闘でも結構負担大きいんだろうなと思えました。

 やっと一段落してメイに話しかけたら、顔色が悪い。
 お疲れ様、ゆっくり休んでね。ところで戦闘中の副長ってなんか仕事あったっけ?

おまけ
 マイケルが乗船してきたので、3人目のパイロットとしてハンガーに放り込み、タキガワと二人きりの状況を作り出す。友情が恋情に変わる瞬間が楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • 要約ごっこ

    Excerpt:  以前買ったこの本を読み直して、とある箇所に感銘を受けました。  具体的に言うと、「文章を要約すれば、そこにある根本思想がわかる」というものです。自分の文でも他人の文でも変わりません。書き手が本当に.. Weblog: U型改 racked: 2008-09-07 19:31