ネギま23巻限定版が届きました

 予定より早く届いたのは嬉しいけど、どうせなら発売日に来てほしかったです。次はAmazonで注文すべきかどうか。

 ブックレットの対談を読んで印象に残ったのは、今の明日菜とあやかの違いを、もう就職しちゃった組とそうじゃない組というふうに表現していたことです。なるほど、そういう発想があったか。
 僕はまあ、もう学生ではないものの、お世辞にも堂々と社会人を名乗れるような生活もしていないので、なんだか宙ぶらりんです。学生と社会人――に限らず、立場の違いを決定するものって、要は生活時間の大半をなにに費やしているか、なんだろうなあ。じゃああれか、僕は職業:スリーパー(寝る人)か、そうか。

 しかし改めてこの辺りの話を見ると、3-Aはつくづく仲がいいなあと感心します。
 僕なんかとっくに学生時代終わってるのに、いまだに学校の夢を、それも悪夢を頻繁に見ている有様です。

悪夢のパターンその1
 単位が足りなくなりそうになって焦る。大抵の場合は、「俺もう大学卒業してるじゃん」と気づいて目が覚める。

その2
 クラスメートからハブられる。

 実際の学生生活では、どっちのケースも別になかったんですけどね。その2はまあ微妙ですが。なんで夢の中で現実よりつらい体験をせにゃならんのだ。

☆★☆★☆

 さっきから、ネギまじゃなくて自分の話ばっかりしていることに今気づきました。
 でもまあ、話の内容自体は原作でとっくに知ってますし、改めて語りたいこともあまりありません。出来は無難にいいので、半ばお布施として次も買いますが。次がお風呂回だから買うとか、そんなことは全く決してあるわけないですよ、本当に。

本音:次巻に龍宮が出たら神

 にしても3-Aのメンツはどいつもこいつもかわいいなあ。作中ではネギが子どもなんでほんわかした雰囲気で済んでますけど、同年代の男が1人放り込まれたらどうなるんだろう。てか放り込まれたい。放り込んで。
 ああ、ネギまのAIゲームがやりたい。これほどAIを導入すべき原作も他にはないでしょう。1時間目・2時間目のなんちゃってAIではなく、エヴァ2や絢爛からさらに進化したAIをぶち込んで、朝倉とキスがしたい。俺がしたい。

 現役中学生は僕なんかとは全然違うピュアな視点でネギまを楽しんでるんだろうなーと思うと、ちょっと悲しくなってきそうなので、この辺でやめておきます。さて、次は23巻本編を読むか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック