僕はネギまのなにが好きなんだろう ~後編~

前回のあらすじ
 ネギまのシリアス展開には別に期待してないっす。じゃあお前なにが好きなの?

答え
 ワイワイ&バトル。

☆★☆★☆

 ネギまと最初に出会ったのは、アニメ化もゲーム化もされてない頃でした。
 ラブひなはすでに読んでいたものの、特に面白いとは思っておらず。ネギまはうわさになっていたので1巻だけ買ってみましたが、系統的にはラブひなと同じだなと思い、いったんはそこで終わりました。

 本格的にハマったきっかけは、ゲームの1時間目です。
 当時、ガンパレ大好き人間であった僕の耳に、ネギまのゲームがガンパレと似てる、などといううわさが飛び込んできました。

 実際にやってみた結論。全然違う。
 ですがそれはそれとして、作品の明るい雰囲気にハマり、単行本の購入を2巻から再開。2巻時点での印象はまださほどよくありませんでしたが、3巻のバトル路線でハマって、現在に至るわけです。

☆★☆★☆

 つまり僕にとってのネギまの原体験はゲーム版なので、その影響が多分一番強いと思うんですね。明るくお馬鹿で脳天気な世界、っていう。
 ただ、それだけならラブひなと同じだったわけで、別にラブひな好きじゃない僕がハマる道理もないわけです。そこはやはり、バトルのおかげだったのでしょう。

 なぜバトルがよかったのかというと、バトルだから、と答える他ないような気がします。ホモが嫌いな女子なんていないように、バトルが嫌いな男子なんていないのです。元ネタ同様、反論の余地がありすぎな意見ではありますが。
 でもねえ、いいじゃん、バトル。面白いし。タカミチ戦とか好きですよ、僕は。

 ということで、どうやら僕にとってのネギまという作品は、明るくお馬鹿で脳天気に話を進めつつ、適当にバトルとかもやってくれれば満足するという代物のようです。
 うん、ネギの成長とか、別にどうでもいいわ。

☆★☆★☆

 余談。
 成長物語というやつが、エンターテイメントやら文学やらにおける大きな流派の1つとして存在する、という意見があります。本当にあるのか知りませんが、あることにします。

 でも僕が好きな作品について考えてみると、さて、そこに成長物語の要素はどれだけあるのか。
 銀英伝にはない。成長してるのはユリアンだけだけど、あいつは主人公じゃない。ガラスの仮面では、演技者としてのレベルはガンガン上がってる(らしい)けど、魂のレベルでは最初からほぼ完成されている。

 近年の作としては、銀盤カレイドスコープは? あれ、成長してるといえばしてるけど、そこがメインか?

 大体人間、んな簡単に「成長してるねー」なんて見てわかるもんでしょうか。呉下の阿蒙みたいな例は、珍しいから歴史にも残るわけで。
 苦労が人を磨くというのも、怪しいものでしてね。僕自身、うつ病やら強迫性障害やらで地獄の入り口ぐらいはのぞいたつもりでいますが、その経験が自分の成長に結びついたかというと、さてどうだろう。

 人間の成長ってのは、基本的に時間をかけて少しずつなされていくものであり、はたから見て明らかにわかったりするものではそうないんじゃないでしょうか。
 まして、人の成長する姿そのものがエンターテイメントになる、というのは怪しいと思います。

 エンターテイメントになるのは、おそらくは人の成長ではなく、苦難です。
 銀英伝も、ガラスの仮面も、銀盤も、苦難ならたっぷりある。読んでいて面白いのは、苦難の中でがんばる人間の姿であり、そこで成長してるかどうかなんてのは別に関係ないように思います。

 なぜバトルが面白く感じるのかの理由をなんかつけるのなら、バトルというのはイコール苦難であり、苦難の中でがんばる人の姿を映すものであるから、ではないでしょうか。
 エヴァが107時間目で言ったように、「幸せなやつはつまらん」のです。幸せ脳天気なやつらのお話もそれはそれでいいんですが、やっぱり適当に苦しんでくれたほうがもっと面白い、ということですね。

☆★☆★☆

 余談とか言いつつ、ずいぶん長くなってしまいました。
 で、書いてて自分でまた疑問が。バトルが重要だというのなら、なぜジャンプのマンガにあまりハマらず、ネギまにハマってるの?

 これには即行で答えますが、それこそ「明るくお馬鹿で脳天気」な成分の有無でしょう。
 ジャンプマンガにもその手の要素はありますが、あくまで従であって、メインではない。一方ネギまの場合、バトルが作品に占める割合は5割にも満たず、後は明るくお馬鹿で脳天気である。その差でしょう。

 はいはーい、またしつもーん! なんで明るくお馬鹿で脳天気+バトルだといいんですかー?

 ……さあ?
 ギャップが大きいから、とか書くと一見もっともらしいけど、本当にそうかは怪しいしな。なんでだろ。

 ま、そこについては宿題というか、また気が向いたら考えます。萌えと燃えの両方あったほうがお得でしょ、みたいな単純なところが答えかもしれませんけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック