ダラダラ語り ネット規制とかエロゲーとかいろいろ

 積みゲーを片付ける時間が取れない。
 なぜか? 昨日買ったエロゲーにかまけていたからである。

 えー、僕は自分の遊んだゲームのプレイタイムを記録しているわけですが、エロゲーは基本的に調査対象外にしています。
 なぜかというと、エロゲーの場合、たとえどうしようもない内容であっても、エロ目当てでがんばってプレイするということがよくあるからです。そうやって遊んだ10時間と、普通のゲームを楽しんだ10時間とを同列に語るのは違うんじゃないかと思うので、記録から外しています。

 ま、自分の中でも異論がないではないですが、別にいいかなと。なんでもかんでも記録するのも面倒だし。「俺はこのエロゲーを30時間やったぞ!」とか言われても、読む側は「はぁそうですか」と答えるしかない気がするし。

 ただし戦国ランスみたいに、エロ抜きでも面白かったものは、普通にプレイタイムを載っけてます。その線引きもあやふやですけどね。恋姫無双も一応記録はしてあるけど、載せるべきか捨てるべきか。

☆★☆★☆

 ところで青少年ネット規制法案が成立したら、ブログでエロゲーの話とかするのもNGになるんですかね。
 いたいけな青少年が、ブログの記事をきっかけにエロゲーに手を出し、そこから触発されてリアルな犯罪に手を染めたりしたら大変ですもんね。ああ大変だ大変だ。

 どっちかというと、いろいろ規制されて行き場のなくなった性欲が性犯罪に結びつく可能性のほうが高いような気もしますが、まあどっちにしろただの想像なんでどうでもいいです。
 仮に成立したところで、ザル法で終わるような気もなんとなくするし。これも根拠なし。

 根拠のない想像などクソの役にも立ちません。直感を信じるな、情報を集めろ。自分にとっての真実≠事実、なのです。
 でも直感というのはそれまでに自分が集めた情報の集合体から導き出された結論であり、信頼が置けるときは置けるものです。じゃあ具体的にどれぐらい信じればいいのかは、目下模索中。直感に従った行動の正否を統計取るのが一番いいのかも?

☆★☆★☆

 んなこととは全く関係ないんですが、昨日今日と遊んでるエロゲーのタイトルは、『蒼海の皇女たち』というのですよ。
 もちろん18禁なので、未成年の人は検索とかしてはいけません。って書いとけば責任が逃れられるという発想もどうかと思うけど、世の中建前というのが大切であり、それが案外力を持っているということもわからんでもないわけで。

 このゲーム、事前にちょっと調べた感じでは、あまり評判よろしくありません。
 実際、2ヶ月前に出たばっかなのに、中古での販売価格が定価の3000円引きという値下げっぷりで、市場的にもあまり評価は高くないのかも。買う側としては得だけど。

 で、これにそれなりにハマっていました。
 ストーリーもゲームシステムも、たいしたことないといえばないんですけど、知ったこっちゃありません。たいしたことあってもつまらない作品もあれば、逆もあるというだけのことです。

 しかし肝心のエロシーンが、どうにも少ない。

 これはどうやらゲームそのものの問題ではなく、僕のプレイが下手だったためのようです。
 多分、戦闘でミスりまくったためにキャラの信頼度が得られず、エロフラグが折られまくったのでしょう。不覚なので、明日から2周目に入る予定です。

 もっとも、エロゲーでなく単なるギャルゲーであったなら、わざわざ2周目なんてやらなかったと思います。
 ……いや、どうなんだろう。むしろ下手に冗長なゲーム性とかが薄い分、かえってやる気になったかも? エロゲーでもかったるいのはやる気起きんしなあ。

 ストーリーと、キャラとの絡みを体験したいがためにやるゲームにおいて、下手なゲーム性などは不要。単にマウスをクリックするだけのゲームでいい。
 大事なのは作品としての目的を達成することであり、ゲームとしての体裁を整えることではない。そこのところは、下手なコンシューマー用ゲームよりも、エロゲーのほうがよく理解してるんじゃないかとも思います。知らんけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック