ネギまキャラ12タイプ分類 ~千鶴・夏美・あやか・コタロー編~

 一覧やら元ネタ本の紹介はこちら
 今日は意表をついて、この4人です。……ついてるかな?

千鶴:王様(恋愛八方美人)
夏美:職人(恋愛スペシャリスト)
あやか:軍人(恋愛クライマー)
コタロー:軍人(恋愛クライマー)


千鶴
 好きなもの&嫌いなものを見るだけで、王様タイプだと一発でわかります。いやー、決めるの楽だった。
 内向的では全くもってないけど、リーダータイプでもないので、王様ど真ん中の恋愛八方美人です。ただ、ヘルマンを引っぱたいた芯の強さは、王様というより職人タイプじゃね? という気もしますが。まあここは、プロフィール優先で。

 性格は、まんまプロフィールの通り。
 にぎやかなのが好きで、一人でいるのは嫌い。愛想がよくて、誰とでもすぐ仲良くなれる。人になにか頼まれると弱い、などなど。ネギまの世界観に最も適合した性格かもしれません。


夏美
 自分が嫌い。嫌いなのは、興味がそこに向いているから。というわけで、4タイプ中一番「自分」にこだわるタイプだと思われる、職人タイプとしました。
 特に外向的でも内向的でもないので、職人ど真ん中の恋愛スペシャリスト。別に、個性がないとかそういうわけではありません。いやホント。

 職人らしい頑固さは、作中では今のところ発揮されず。てか、唯一の見せ場になると思われる演劇がらみの話がさっぱり出てこないんだから仕方ない。今後なにかやる……よね?
 ただ妄想要素として1つあるのは、職人タイプは恋をすると情熱的になるというところですね。コタローと、ねえ。どうなるんでしょうね。


あやか
 3-Aキャラで、個人的に一番いい女だと思う委員長こと雪広あやか。なまじネギに惚れてギャグキャラになっているせいで、彼女の真の魅力がぼかされてしまっているのだ! とさえ思っています。
 そんな個人的感想はさておき、タイプ分類では軍人になりました。プライド高そうだから職人かな、と最初は思ったのですが、ネギのためならプライドなんてあっさり消えるっぽいので、職人じゃねえなと。後は明日菜やコタローとしょっちゅうケンカになるところや、自然に周りを仕切っているところ、なんとなく努力家っぽいところなどから、軍人タイプと判断しました。

 外向性は充分にあるものの、常にリーダーやっているというイメージともちょっと違うので、軍人ど真ん中の恋愛クライマーに決めました。主に明日菜相手にうかがえる、明らかに負けず嫌いなところも考慮に入れてます。
 親友=ライバル、と考えるというのはそのまんま当てはまります。常識人で健全なバランス感覚の持ち主というのは、まあネギがらみを除けばそうかなと。社会的な序列関係を重視するというのも、ネギに対し最初から一貫して礼儀正しいところを見れば、一応うなずけます。


コタロー
 ネギのライバルにして、多分親友。作中でおそらく最もわかりやすい負けず嫌いであるので、軍人タイプです。
 一匹狼気取り=外向的でも内向的でもないということで、ど真ん中の恋愛クライマー。あやかと同じになりました。

 基本的な性格はあやかと同じ。ただ、ある意味マンガ的な設定要素が強いからか、あやかよりずっとわかりやすいです。
 戦いで負けるのは嫌で、ネギをライバル視している。勝ち負けの関係に敏感ですし、強いやつには敬意を払う。クウネルの言葉通り、ひねくれさえしなければ間違いなく強くなるタイプでしょう。


 さて、最後に人間関係チェック、行きます。

・タイプ的優劣関係は、夏美<千鶴<あやか・コタロー、となります。
 千鶴と夏美は言うまでもなし。千鶴とコタローについては、一見すると千鶴優位っぽいですけど、武道会でコタローが負けたとき、コタを(一応)立ち直らせたのが千鶴ではなく楓だったという辺りに、相性が出ているかなと思えます。軍人タイプは、王様的な慰めの言葉では癒されないのですね。
 あやかと千鶴については、そういやからんでいるようで意外とからんでないような。あやかとコタローは、似た者同士だからこそケンカする、といったところでしょうか。

・ネギとあやかは、ほぼ正反対のタイプ。ただあやかは、ネギの頑固者な側面等にはあまり触れていないので、相性うんぬんを言う段階ではまだないような気がします。今後あやかがネギパーティーに入ったら、他とは違う視点のキャラとして、面白く機能しそうな気がするなあ。

・なお、ネギ・明日菜が同タイプであり、あやか・コタローもまた同じタイプです。作中2つの親友関係が同じタイプ同士とは、うまくできているものよ。

・コタローラブな気配を見せている夏美は、やはりコタローとは正反対のタイプ。単なる同居人でいるうちはいいにしても、恋愛関係とかになったら、かなり大荒れしそうです。もっともそれゆえに、物語として見れば一番面白くなりそうな組み合わせではあります。


 12タイプ分類とは関係ない話ですけど、コタローを除く3人はメインの話にはあまりからまないにも関わらず、キャラは結構立ってる気がするなあ。千鶴と夏美の好きなもの・嫌いなものがわかりやすいからかな。普通の学園モノなら、充分メイン張れる人材なんじゃないですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 【ドラマ】魔法先生ネギま! 無料で見れます!

    Excerpt: 『週刊少年マガジン』2003年13号(同年2月26日発売)より、「30人の美少女がキミの恋人・ドキドキのニュータイプ学園ラブコメ」という触れ込みで連載を開始、(実際は30人ではなく)31人の女子中学生.. Weblog: ☆TSUDAYAN☆ racked: 2007-11-30 18:02