ネギまキャラ12タイプ分類 ~龍宮・楓編~

 一覧やら元ネタ本の紹介はこちら
 さて、武道四天王です。といっても古菲と刹那の解説はすでにやってるんで、今日は残り2人がメインになります。
 
古菲:学者(恋愛省エネ派)
刹那:職人(恋愛修行僧)
龍宮:職人(恋愛スペシャリスト)
楓:学者(恋愛常識派)

 軍人がいればバランスいいのになあ。てか、武道系なのに軍人タイプがいないというのも面白いな。


龍宮
 ちびっ子には優しく、自分の信念のためなら男もいらぬ、反学園行為も辞さぬ。そんな我が道を行く龍宮隊長は職人タイプでしょう。
 金にがめつい辺りは軍人タイプっぽいんですが。それ以外の面で、軍人的な欲は見えません。

 職人タイプとしては、ど真ん中の恋愛スペシャリスト。カチカチではないけど軽くもない性格なので、ここです。
 上で書いたように、子どもには優しい。自分を理解してくれる人は放っておけない、恋愛では燃えるような恋をして相手に尽くすタイプ、という性格設定になります。隊長M説のいい補強材料昔のマスターへの想いが忍ばれますね。



 マイペース忍者。なので学者。
 忍者であるという存在そのものを除いては、ある意味3-A一番の常識人という感じもします。ということで恋愛常識派。

 現実的で、好き嫌いや他人とのケンカは少ない。色恋沙汰は苦手なタイプ。公平でさっぱりしていて、いかにも「普通」な感じ。ただし好きなことの話題になると、急に熱くなるタイプ。本編ではそんなことないけど。
 なんかこう書くと、キャラとしては薄くね? という思いがふつふつとわいてきます。まあいいか。


 んじゃ人間関係チェックとか行きます。

・タイプ的な優劣関係は、龍宮>刹那>古菲>楓。とはいえ、この4人は個人的な親交とかはあまりなさそうなんで、相性なんてどうでもいいといえばどうでもいい。

・刹那と龍宮は隣り合わせのタイプなので、組んで仕事をする分には楽だったでしょう。ちなみに古菲と楓も隣同士。

・龍宮はネギとも隣のタイプで、ついでにネギのほうが優位。やはり龍宮隊長M説の妄想をふくらませるいい材料将来ネギがもっとしっかりした男になったら、龍宮は微笑みながらネギのために銃を手にする、てな関係になるかも。

・古菲にとってのネギは、ほぼ完全にタイプ的上位の相手。ガンガン己の道を行くネギを、陰に日向に支える女房役、といったポジションだとおいしいかな。ただ恋愛関係でいうと、ネギのほうから目を向けてくれないと進展しそうにないのが難点。

・楓とネギは、ほぼ正反対のタイプ。ともすれば浮かれて突っ走りがちなネギに対し、冷静さと常識的な判断を怠らない楓というのは、好対照と言えるでしょう。ただし基本的な相性が正反対な分、急接近イベントが起きない限り、恋仲には発展しなさそうな2人でもあります。

・てか、鳴滝姉妹も楓から見ると反対側だ。この3人はどういう経緯で仲良くなったんだ。

・コタローは楓から見ると、ちょうど下位のタイプ。師匠と弟子という関係になるには最善の相性かもしれません。


 次回はチア3人組か、運動部4人組辺り? 全員取り上げるまで、まだ結構かかりそうだなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック