ネギまキャラ12タイプ分類 ~のどか・夕映・ハルナ編~

 元ネタやらなんやらは、こちらを参照のこと。

 今日は図書館探検部、行きます。
 各人のタイプはこちら。

木乃香:王様(恋愛ドリーマー)
のどか:職人(恋愛スペシャリスト)
夕映:学者(恋愛アレルギー)
ハルナ:軍人(恋愛女王様)

 きれいに4タイプに分かれています。なんというバランスのよさ。


 続いて個別に解説。木乃香はこの前やったんで、残り3人について。


のどか
 オドオド型に見えて、ここぞという場所では度胸のある女。意外に攻めるタイプである彼女は職人です。
 内向的ではあるものの、人間嫌いとまではいかない。よって職人ど真ん中の恋愛スペシャリスト、ということで。

 職人なんで、目下相手には面倒見がよく、目上相手だと反発することもある、はず。とはいえ作中では上下の人間関係がほとんどないんで、そういうのは出てきてませんね。後輩キャラが出てくれば、いい先輩をやってくれそうなんですが。


夕映
 ネギま全キャラ中、最も自信を持って分類できたのが夕映。感情を出したがらない、理屈屋とくれば、そりゃもう学者タイプに決まってます。
 その中でも特に内向的な夕映は恋愛アレルギー。のどかたち3人とまとめて友だちになれたことは、実に運がいいと言えましょう。
(まあ、友だちいなきゃいないで淡々と生きていくのがこのタイプなんですが)

 恋愛アレルギーの特徴として、「無駄な努力はしない」というのがあります。加えて、自分の関心のないものには見向きもしないんで、勉強嫌いなのはそこから来てるのでしょう。
 淡々としていてとっつきにくく見えるが、約束はしっかり守るタイプ。ボランティアとかも嫌な顔せずにやれます。ここら辺は元本の写しですけど、実際夕映ってそんなタイプではないでしょうか。
 ただ問題なのは、恋愛において、自分から積極的に動くことはまずないということ。相手から来てくれないと進展しないのです。この性格だと、ネギまの激烈なヒロイン戦争を勝ち抜くのは難しいか?


ハルナ
 学者ほど冷めてないし、王様・職人というには邪悪すぎる。ということで軍人タイプ。
 他人との勝ち負けよりも、場を仕切ったりするのが好きっぽいので、恋愛女王様と判断しました。まあハルナのリーダーシップは図書館探検部限定っぽいですけど。

 恋愛女王様の特徴は、人を操ることと、奉仕されるのが好きなこと。文字通りの女王様です。
 ハルナは、操るほうは結構やっていますかね。奉仕うんぬんはありませんけど、まあ恋愛するなら格下の男だろう、となります。そいつを自分好みに調教、もとい育てていくことに喜びを覚えるっていう。

ハルナ「○○くーん、こんなのどう?」
編集者「い、いけません先生! アッー!」

 はーい、妄想入りまーす。入りましたー。


 じゃ、最後に人間関係チェック、いきます。

・4人のタイプ的優劣関係は、のどか<木乃香<ハルナ<夕映<のどか、となります。のどかが夕映の上に来るのは納得。ハルナを見ると、夕映はタイプ的に負けてる相手、のどかは正反対の相手なんで、ハルナが一方的に威張ったりできないというのが、この3人(木乃香除く)の絶妙な関係を生み出しているのかも。

・肝心のネギとの相性を見ると、のどかはちょい下、夕映はきっちり一段階下になります。のどかの場合、結構似た者同士ということで関係が進む可能性あり。夕映の場合、優柔不断になりがちな彼女をネギが引っ張っていくという形になればよさそうですけど、問題はネギの視線が夕映のほうを全く向いていないということ。がんばれ、夕映。

・夕映はコタローの上のタイプ。つまりコタロー、基本的に夕映には頭上がりません。軍人タイプは正論に弱い、はず。

・夕映が千雨や茶々丸と同タイプだってのは、なんかわかるんじゃないでしょうか。

 えー、なんか夕映の話ばっかになりました。だって他の2人、作中の人間関係は意外と閉じてるし。
 次は、チアか運動部か武道四天王か。個人的には超包子をやりたいかなあ、などと思っております。では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック