血まみれ美周郎

 無双4は、難易度普通の場合、いちいち雑魚兵を相手にしなくても、敵将だけピンポイントで狙っていけば結構勝てたりする。いきなり総大将に挑んで済むマップもありそうだ。
 だがそれだとやっててむなしくなるので、マイルールを作っている。

ルール:味方がいない所では戦わない

 要は単騎突入の禁止である。味方は将でも雑兵でもいい。ともかく、誰かと一緒に戦うこと。
 この制限を課していると、普通なら30秒で片付く敵拠点をつぶすのに、5分ぐらいかかることもある。味方が敵拠点に攻撃を開始してくれないと、こっちも戦えないからだ。これによって、軍勢同士が押しつ押されつな感じが、まあそれなりに出ている。

 そのルールで挑んだ、周瑜の赤壁。
 火計を成功させればそれで済むようなマップだが、敵陣を一人で突っ切ってフラグを立てていくのもなんかつまらない。ルールに従ったとしても、たとえば黄蓋と一緒に戦ったりするのは全然ありなのだが、この辺りは趣味の問題だ。基本的には、近くにいる敵と戦うようにしている。
 結果、こちらの策はことごとく失敗し、味方は総崩れとなった。
 こりゃ負けるなと思ったが、負け戦で一人気を吐くのも悪くない。総大将である孫権のそばに戻り、護衛する形で戦い続けた。

 夏侯淵や張遼等、魏の主だった武将を全て一人で撃破。
 1000人斬りで味方の士気を上げる。
 西からやってきた援軍(一般兵だけど)と合流し、敵本陣へ攻めかかる。曹操とは事実上、周瑜一人で戦って勝利。

 ちょっとむなしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック