久々にドラマチック

 三国志10に飽きたので、絢爛に移行する。ネギまプロジェクトはどうした。

 さて、絢爛も普通にやってるとダレる。
 こういうときには、普段選ばないコマンドを使うといい。
 ちょうど近くを歩いていたロボ(MPK)に声をかける。

「この前エステルと昼寝したとき、俺一人で張り切っちゃってさ、恥ずかしかったな」
「タイアードのようだな」

 なんで別に仲良くもないやつに、自分のエロ事情を暴露してるんだろう。自分でコマンド選んでおきながら、疑問に思う。
 だがこれで調子に乗り、いろんなやつにいろんなコマンドを実行する。おお、楽しくなってきた。

 適当に遊び、そろそろやめるかと思ったとき、ゲーム内で日付が変わった。
 MAKIのアナウンスを聞きながら、誰かの誕生日だったりしねーかなと、可能性の低い偶然に期待する。
「おめでとうございます。今日はエステル(注:俺の恋人)の誕生日です」
 吹き出す。素で忘れてた、ていうか覚えてもいなかった。
 このところなぜかエステルは、俺に対して機嫌が悪い。ここで誕生日まですっぽかしたら大変だ。
 プレゼントを渡そうにも、持ってるアイテムは納豆ガムとビールと主計科BALLSのみ。これじゃあどうしようもないので、時間を飛ばしまくり、店が開くのを待つ。
 するとこんなときに限って、敵襲の嵐。
 うなりながら出撃し、とっとと蹴散らして帰還。ちょうど店が開いたので、ダッシュで向かい、プレゼント用にクリスタルを購入する。
 その後もさらに襲ってくる敵を撃退し、帰ったときには22:30。シンデレラタイムの終わりまであと1時間半だ。
 エステルを探して艦内を走っていると。
「敵襲です」
「うがー!」
 結局、プレゼントを渡せたのは翌日の2時。エステルはふてくされた顔を、終始崩しませんでしたとさ。

 ところで、今回発見した、俺が絢爛を楽しむための方法。

・ロールプレイをすること。ガンパレやエヴァ2もそうだが、少なくとも俺の場合は、これが基本だわ。
・MAKIによる居場所調査と人物評価を参照しない。これらが知りたきゃ、NPCへの質問で聞く。
・自分に対する他者の人物評価もあえて見ない。相手がこっちのリアクションをどう感じたかは、表情を見て推測しよう。

 無理に編成とかかまさんでも、こういう基本さえ押さえておけば充分楽しいことがわかった。200時間近く遊んで、いまさらわかることかよという気もするけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック