U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑文 RPGについて

<<   作成日時 : 2013/03/26 21:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 多分RPGにおいて、レベルを上げて能力が上がって、みたいなところの楽しさはそれほど重要じゃない。それはそれで楽しいけど、それだけで遊び続けていられるほどの楽しさじゃない。

 フローに関する本を久々に読んで、ともかく「挑戦」が大事なんスよ、みたいな記述を何度か見て、そんなことを思った。
 RPGでは、時間をかければレベルは上がる。それ自体は挑戦もクソもない。効率よいレベルアップ方法とかを自分で考えたならともかく、そういうことへの「挑戦」抜きに漫然とレベル上げをしても、そうして得られるのは、経験値や金が増えた、数値上の能力が増えたという、擬似的な成長の快感でしかないのだと思う。
 そういう成長の結果として強敵を倒せたとしても、その快感もまた擬似的な──というか、まあ一時的な、短期的なもんなんじゃないのかなあと。少なくとも僕は、そう感じることが多い。

 じゃあ僕はRPGのなにを楽しんでいるのかというと、やっぱ物語なんじゃないかな、と思った。ストーリーとあまり絡まない強化ボスとかは、結構スルーすることも多いし。
 昔から今に至るまで、ドラクエを超えるRPGは結局存在しない、と僕は思ってる。それはドラクエというゲームが、上質の物語を提供し、かつ物語を楽しむことを邪魔しないゲームシステムをうまいこと作り上げてるからじゃないかな、と。

 個人的な好みで言うと、「空の軌跡」および続編の軌跡シリーズのほうが、ドラクエより好き──というか、思い入れは強いというか──んー、なんて言えばいいんだろうか。
 まあそういう特別な感情は持ってるものの、じゃあ実際遊んでどっちが楽しいかというと、そりゃもう圧倒的にドラクエシリーズのほうだったりする。多分、僕は軌跡シリーズで描かれている物語やキャラクター、世界観とかは相当に好きなんだけど、RPGとしての戦闘システムやらなんやらは、正直めんどくせえと思っているんだろう。だから、全面的に好き、とはならず、いびつな感想になるんじゃないだろうか。

 疲れたんで終わり。疲れやすい身には、特にドラクエなんかは楽でいい。
 あー、でも最近はドラクエ10で、ストーリーもクソもないレベル上げとかを結構毎日繰り返してるんだよな。これはなんなんだろう。楽だからだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
雑文 RPGについて U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる