U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS メタルスライムについて熱く語る男

<<   作成日時 : 2011/08/24 17:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 堀井雄二という人の偉さはいろいろあるが、メタルスライムの発明はその代表例ではないか、とふいに思いました。

 他の敵に比べて、桁外れの経験値を持っている雑魚敵。こういう存在はいろんなゲームにいるでしょうが、メタルスライムほどの(あるいは、はぐれメタルほどの)強い印象をプレイヤーに与えた敵はいないように思います。

 まず、スライムの色違いであること。スライムとはドラクエのほぼ全シリーズで最初に戦うことになる敵であり、ドラクエを代表するモンスターです。そのメジャーどころの色違い、すなわち親戚筋であるというのが強い。
 しかも銀色であり、名前に「メタル」がついている。いかにも高級そうで、かつ人の欲望をそそる色と名前です。

 そして、こいつは倒すのが難しい。
 防御力が最高クラスなので、普通に攻撃すると、よくてダメージ1しか与えられない。これがいい。最大HPが3ぐらいだったりするのと合わせて、プレイヤーの欲をあおってくれます。ダメージを1与えるたびに、無形のカウントダウンが進むわけです。これが、与えられるダメージが30で、最大HPが90だったりしたら、興ざめだったでしょう。
 さらに、すぐ逃げる。これがまたよい。逃げられれば追いたくなるのが人の情です。特にダメージを2まで与え、あと一撃当てれば倒せるというときに逃げられると、その悔しさはひとしおです。だからこそ、なんとしても倒したくなる。
 ついでに言えば、敵として登場する頻度そのものが低い。なので、出会えた時点でまず嬉しい。

・メタリックなシルバーカラー
・滅多に出てこないレアもの
・見つけても逃げられる可能性大
・1ダメージを積み重ねることによるカウントダウンと、たまに出る会心の一撃の快感
・桁外れの経験値(報酬)

 こうして書き並べてみると、完全にギャンブル的な快感の要素をそろえています。
 こんなメタルスライムという敵を、初代ドラクエの時点ですでにほぼ完成させていたというのが、堀井雄二さんのすごさだと思うのです。しかも、2ではぐれメタル、4でメタルキングという新商品をそれぞれ送り出し、それぞれメタルスライムに匹敵するヒット作としているところもさすがです。いいセンスだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
メタルスライムについて熱く語る男 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる