U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた栄養療法の話

<<   作成日時 : 2011/06/05 11:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 前も書いたように、僕は現在、栄養療法というやつを実践しています。
 僕自身は普通の薬(デプロメール)も飲んでいるため、栄養療法の効果のみを具体的に語ることはできません。ただ、僕に合わせて食事を変えている母(サプリは市販の安いのを少し飲んでるだけ)については、いくつかのよい変化が見られています。

・生まれて初めて、悪夢じゃない夢を見た
・これまではやるのがおっくうだった仕事に、集中して取り組めた
・イライラすることが減った

 これらはおそらく、栄養療法の流儀に食事を変更した効果でしょう。てか、60年以上生きてきて初めて悪夢じゃない夢を見たって、それまではどんなに壮絶な人生だったのかという話です。

☆★☆★☆

 僕自身も、2回の強迫性障害発症のきっかけは、やはり栄養にあったんじゃないかな、と思っています。
 今回の発症については、以前書いたように、食事を思いっきり減らした後の出来事です。それから前後して、特になにも起こってないのに気分が落ち込んだり、手が猛烈にしびれたりしました。

 最初に発症したときは、その1年半前の健康診断で、脂肪肝だという事実がわかったのです。
 で、1年間かけてダイエット。翌年の健康診断では内臓脂肪の減少が判明し、「よく頑張ったわねえ」と健診担当のおばさんにほめられました。

 が、結局その半年後には、生まれて初めての強迫性障害を発症しているわけです。
 これもやはり、ダイエットの弊害ではないかと。当時は栄養についてなんの知識もなかったから、増やすべき食べ物を増やさず、減らしちゃいけないものを減らしたりしてたんじゃないでしょうか。

☆★☆★☆

 まあそんなわけで、自身の健康状態にいろいろと不安がある人は、最初に紹介した栄養療法のサイトから近所の病院を検索して、一度訪ねてみることをお勧めします。
 そんな暇や金はないという人は、以前も紹介した下記の本などを読んで、できる範囲で実行してみるのがいいかと。こっちなら、金はほとんどかからないはずです。


脳から「うつ」が消える食事 (青春新書INTELLIGENCE)
青春出版社
溝口徹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脳から「うつ」が消える食事 (青春新書INTELLIGENCE) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
またまた栄養療法の話 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる