U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 3Dと2Dの違いは、ステレオとモノラルの違いに似てる?

<<   作成日時 : 2011/01/09 14:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 言いたいことは記事のタイトル通りなんで、追加で言うこともあまりないんですが。
 昨日の3DSの体験会から帰り、夜になって、ふとそんなことを思ったわけです。

 音楽は、モノラルとステレオ、どっちの音のほうがいいかといえば、そりゃステレオに決まっています。
 だけど、モノラルで聞くとダメダメだった曲が、ステレオにした途端素晴らしい曲に生まれ変わるかというと、まあそんなことはないでしょう。逆に元々素晴らしい曲は、ステレオで聞こうがモノラルで聞こうが、それなりに素晴らしいはずです。

 僕は伊集院さんのラジオを毎週聞いていますが、このとき使っているイヤホンはモノラルです。
 ラジオを楽しむのに、ステレオのイヤホンは別に必要ない。わざわざ左右の耳に2つのイヤホンをはめる手間を考えれば、モノラルのほうが楽でいい。実際この前、ずっと使っていたイヤホンが壊れ、一時的にステレオイヤホンで代用したものの、こういった理由からすぐに新しいモノラルイヤホンを注文しました。

☆★☆★☆

 昨日書いたように、3Dの映像そのものには、さほど感動はしませんでした。
 ただ、いったん3Dの映像を見た後に、同じものを2Dで見ると、ああこりゃダメだ、こりゃつまらん、と感じました。つまり、その程度の違いはあるのです。

 このささやかな違いというやつが、音でいうモノラルとステレオの違いに似てるんじゃないのかな、とふと思ったわけです。

 モノラルだろうがステレオだろうが、駄曲は駄曲のままだし、名曲は変わらず名曲でしょう。でもどうせ聞くなら、ステレオのほうがいい。
 映像も同じことで、2Dだろうが3Dだろうが、なにか根本的な違いがあるわけじゃない。でも同じ映像を見るのなら、2Dよりも3Dのほうが楽しい。一度3Dの味を知ってしまうと、2Dでは物足りない。

 その意味で3DSが社会に与えうる最大の影響は、2D映像はつまらないという認識をみんなに持たせることなんじゃないかと思いました。

 ファミコン時代の音源は、多分どのゲームもモノラルだったと思います。それでもドラクエやFF、ロックマン等、素晴らしい曲は山のようにあり、それらは今でも神曲神曲とあがめられているわけです。
 でも、じゃあ今発売されているゲームの音源がモノラルだったりしたら、なんだそれ、ふざけんな、という感想になるでしょう。

 昔は昔でよかった。でもそれはそれ。音楽にせよ映像にせよ、基本的なレベルが向上してしまえば、もう昔のレベルではなかなか満足できなくなるのです。

 なので3DSの普及後は、従来の2Dの映像に対し、「まだ2Dとか使ってんのかよ(笑)」という感想を誰もが自然に抱くようになるかもしれません。
 いわば3D映像とは、映像の分野に革命的な変化をもたらすようなものではなく、単に2D映像の完全な上位互換である、ということです。ゆえに3Dの映像に無茶苦茶感動するとかいう話にはならないけれど、でももっと地味で根底的な部分で、映像に対し人々が求める基本的なレベルを底上げする結果にはなり得る。そう思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
3Dと2Dの違いは、ステレオとモノラルの違いに似てる? U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる