U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 妄想 アイマス2が描こうとしているもの

<<   作成日時 : 2010/09/20 00:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

 アイマス2ではひょっとすると、各アイドルとの個別エンドというものが存在しなくなるのかもしれません。
 インタビューを読んでると、どうもそういう気がします。個々のアイドルとのイベントはもちろんあるけど、最終的にプロデューサーが誰か1人を選んでめでたしめでたしという物語にはしないんじゃないかと。そういうのじゃなくて、「みんなそろってアイドルマスター」ということで、最終的には765プロ全体か、少なくともプロデュースを担当した3人全員にとってのハッピーエンドという形になるんじゃないかと。

 前も書きましたが、アイマス無印(360版)のゲーム中ではほとんどのシーンがプロデューサーと担当アイドル1人のみとの会話によって構成されており、アイドル同士の絡みというのはおそらく微塵も存在しないはずです。3人までのユニットは組めるものの、その3人の間での会話とかも一切なかったと思います(複数プロデュースはあまりやってないので断言はできません)。
 しかしニコニコ動画等でアイマスを知った人にとっては、アイドル同士がそれぞれ仲良しで一緒にいろいろやってるというのが当たり前でしょう。その意味で、アイマス無印におけるアイドル間の絡みのなさは、今見るとむしろ異常なほどです。

 アイマス2はおそらくそこらへんを踏まえて、プロデューサーと担当アイドル個人との物語だけでなく、アイドル同士、そしてそれらをひっくるめたアイマス世界そのものを描きたいという意図があるんだと思います。実際にそのようなことをインタビューでは言っています。
 そういうのを描きたいという意図から逆算すると、特定のアイドルと結ばれて終わり、という普通のギャルゲーみたいなエンディングはむしろ邪魔になります。プレイヤーに選ばれたアイドルはめでたしめでたしでいいけど、じゃあ選ばれなかったアイドルにとってはバッドエンドなのか。そんなエンディングがアイマスのエンディングとしてふさわしいのか、という話になりますから。

 無印の場合はそもそもプロデューサーと担当アイドル個人の物語として1プレイが完結しており、違うアイドルを担当したときはその時点でパラレルワールドに入るようなもんですから、普通のギャルゲー的に特定の女の子と仲良くなれてめでたしめでたし、でもよかったのです。
 でもアイマス2が描こうとしている世界は、どうもそういうのではない。大勢のアイドルたちが同時に存在していて、それを当たり前として描く世界であるのならば、そこにおけるハッピーエンドは特定のアイドル「だけ」を幸せにするものにはなり得ないのではないか、と思うのです。

 竜宮小町をプロデュースできないというのも、そういう考え方が元にあるからだとすればある程度は理解できます。
 つまりアイドルとの個別エンドが存在する場合は、竜宮小町をプロデュースできない=律子たち4人とのエンディングを迎えられない、という悲しい結果にしかならないわけです。でも個別エンドの概念がそもそも存在せず、最終的には竜宮小町をふくめた765プロ全体でのハッピーエンドのみが待っているとしたら、単に律子たちがリストラされたというだけの話とはちょっと違ってくるんじゃないかと。

☆★☆★☆

 ただ、そこまで踏まえてもなお、律子たちをプロデュースできないことはデメリットが大きいよな、とは思います。
 インタビューを読んでて感じたのは、スタッフの側はよくも悪くもアイマスの世界および登場人物に真剣に入れ込んでいて、彼女たちの物語を発展させたいという思いが強いんだなということです。だからこそ、「事務所がピンチなら律子たちはどう行動するだろう」なんていう登場人物視点での物語などを考えちゃって、竜宮小町を独立させるというゲームシステムそのものにまで影響を及ぼすストーリーを作っちゃったわけです。

 でもぶっちゃけた話、発展された物語なんてのを望まない、無印同様の狭い関係こそを望んでいるユーザーも少なからずいるでしょう。この世界ではプロデューサーとアイドルの物語が永遠に続いていく、モラトリアムな空間なんだ、それがいいんだ、と。

 ……となるとアイマス2の評価を決めるのは結局のところ、どんな物語が展開されるのか、プレイヤーはアイマスというゲームになにを望んでいるのか、その2点になるんですかね。
 新たに描かれた物語が極上のものになれば、そういうのを望んでいたプレイヤーは満足できるでしょう。ただ、そういう物語をそもそも望んでいないプレイヤーにとっては、失望しか待ってないでしょう。さて、多数派はどっちなのか。

 ついでに言うと、僕個人は発展された物語大歓迎派であり、さらに言えば新しもの好きでもあるので、今回のインタビューを読んでアイマス2への期待は高まったわけです。
 唯一引っかかるとすれば、発展された物語を描いた上でなお、律子たち4人もプロデュース可能という展開にもできたはずだろうってとこですね。

 それをあえてプロデュースできないようにしたところが、おそらくアイマス2の出来を決める一番重要なポイントになるのだと思います。作り手がなにを脳裏に描いて、どう表現しようとしてるのか、という。
 おそらく作り手の側は、プロデュースできないアイドルを作り出すことによって生まれる物語がある、と考えているのだと思います。はたしてそれが、プロデュースできた場合に生まれた物語に勝てるのかどうか。こればかりは実際の物語を見てみないことにはわかりません。

 身も蓋もない欲望を書いてしまうと、「同じプロデューサー」という立場で律子と接するのは楽しいだろうなあ、とは思います。
 プロデューサー業を頑張ってるけどうまくいかないこともある律子が、後輩である主人公に思わず弱いところを見せてしまう、みたいな。「案外頼りになるんですね」とか言われちゃったりして。ねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アイマス2について 〜布団から起きて執筆中〜
 アイマス2の騒動、というかジュピターがらみのことをいろいろ考えてました。 ...続きを見る
U型改
2010/09/24 04:10
アイドルマスター2 1周終了後の感想(ネタバレあり)
 まず最初に、点数を。 ...続きを見る
U型改
2011/02/25 21:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>アイドル同士の絡み
ユニット組合せが膨大な以上、全シナリオ用意は難しい。
故に本編での絡み(非エロ)を考え対処したのが「竜宮小町」の固定化、と。
竜宮小町の様に幾つか765プロ内ライバル候補ユニットが存在し、
PCのメインアイドルと「被らないユニットが自動生成」なら良かったのですが……。

>765プロ全体でのハッピーエンドのみ
つまり「アイドルの成長を見守り、巣立ちするまでの物語」が前作までとしたら、
「アイドル達(事務所含む)の日常を見守る物語」との展開になりそうですな。
終わらないお祭りみたいな日常のラストがどうなるか、実に興味深いテーマです。

>律子たちをプロデュースできないことはデメリットが大きいよな
「お祭りの終わりは、別のお祭りの始まりだった」という形で、
二週目以降プロデュース出来るように……うぅ。
あずささんを三度ドームに立たせて来ましたが……うぅぅ。

>アイマスというゲームになにを望んでいるのか
ニコ動で「アイマスに日常」を組み込む創作系は多いですが、
本文を読ませて頂いて「アイマスという『ゲーム』に日常」を望んでない可能性に思い至りました。
故に製作者とユーザーの間に溝が生まれつつあるのかも。
歩み寄りで解消できるとしても、ユーザーからは難しそうですね……。
(この場合、マーケティングをミスったのはメーカー側ですし)

ともあれ騒動としては実に「アイドルらしいなぁ」と思ったり。
アイマスらしくは無いものの、皆のプレイ後の感想がどうなるか楽しみです。
「竜宮小町で客観的に見て、更に惚れ直した!」となる……なればいいな、とそんな夢を見ました。(笑)
gac
2010/09/21 05:42
>絡み
これについては従来のように「特定キャラメインの営業コミュ」がメインとしてあり、ユニット組んでる他のキャラが途中でセリフを挟む、という形になるんじゃないかと妄想してます。
理想は各組み合わせごとの固有コミュですが、おっしゃる通り、それだと膨大になりすぎて現実問題として無理でしょう。

>自動生成
乱暴な言い方をすると、「ゲーム」と「物語」という2つのベクトルがあるとして、アイマス2スタッフは従来に比べて「物語」の比率をより高めようとしてるんじゃないかと思っています。
ガンパレを例に挙げると、今世に出てるガンパレが「ゲーム」寄り、ボツになったシナリオ版が「物語」寄りといった感じで。
僕も「ゲーム」寄りに作るのなら自動生成がいいと思いますが、多分スタッフ側は竜宮小町というユニットをふくめた明確な「物語」を描きたいんじゃないでしょうか。
で、

>アイマスというゲームになにを望んでいるのか
という問題につながります。
今回アイマス2がこけるとすれば、おっしゃるように、大多数のユーザーがアイマスのゲーム「本編」には日常だの豊かな物語などを望んでいない、というケースでしょうね。
自分で妄想するのは楽しいけれど、公式に妄想を用意されると萎える、という心理はあり得ますし。
アイマスDS愛好者としては、アイマススタッフは物語に関するバランス感覚もかなり優れていると思っているので、多分大丈夫なんじゃないかとは考えていますが。
植村(管理人)
2010/09/21 10:52
>プレイ後の感想
売り上げそのものが落ちる可能性はあるにしても、評価自体はそれなりに得られるんじゃないかという気がします。
現在騒がれているイケメンユニットについては、どうせかませ犬にしかならないでしょうし。

アイマス2の物語の傾向は、各キャラとの個別シナリオ重視というより、ゆるい意味でのハーレムもののような展開になるんじゃないかと妄想してます。
竜宮小町の面々もプロデュースこそできないものの、普通に主人公に絡みまくってくるんじゃないかと。
イメージとしてはサクラ4みたいな感じですかね。やったことないですが。
植村(管理人)
2010/09/21 10:53
妄想 アイマス2が描こうとしているもの U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる