U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS メタルマックス3 4時間半遊んだ感想

<<   作成日時 : 2010/07/29 19:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 これだけ遊んでいる以上、当然ながら面白いです。
 にしても、いい感じのスーファミ臭がします。一部の場所のエンカウント率がやたら高かったり、登場人物のセリフが概ねあっさりしてたり、その他いろんな意味で「一流のスーファミゲー」な感じがガンガンしてます。多分スーファミを過大評価しているな、僕は。

 ただありがたいことに、戦闘のテンポが非常にいいのです。
 戦闘の速さは5段階で設定できるんですが、3段階目の時点でもう世にあるほとんどのRPGを上回るテンポになっていそうです。4、5段階目はあまりに速すぎるので逆にやめたぐらいです。

 RPGというジャンルはゲーム時間の大半を雑魚戦に費やされるため、雑魚戦のテンポの善し悪しがゲームの出来を半ば決める、というのが僕の持論です。
 その点、メタルマックス3のスピードは文句なしです。余計なバトルアニメーションとかがないのもスーファミ的と言えるのかもしれませんが、実際はスーファミのゲームでも結構とろいのは多かった気がするので、これはもう素直にメタルマックス3が偉いのだと言うべきでしょう。

 あと、「自分で道を切り開く」感もいいですね。
 次の目的地情報は一応示されているものの、「宝がありそうなダンジョン」「賞金首」等の情報も同時にいろいろ手に入れているため、最終的にどこへ向かうかは自分の判断で決めることになります。この辺りは過去のメタルマックスシリーズをきちんと踏襲しているのでしょう。過去作はいずれも序盤でやめてるんで断言はできませんけど。

 それと、パッケージの美少女を見て「これって萌えゲーなんじゃね?」という不安、もしくは期待を抱いちゃってる人もいるかもしれません。
 ここまで遊んだ感じで言うと、全くもって萌えゲーではないというか、多分メタルマックスそのものです。第一、あのパッケージの美少女は(ネタバレゆえ省略)。

 まあともかく、この全体から漂うレトロさ、スーファミ臭は一度味わっておいて損はないと思います。バトルスピード等のおかげで遊びやすさも上々になっているので、懐古趣味のない人でも問題なく楽しめるんじゃないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
メタルマックス3 4時間半遊んだ感想 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる