U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記 ゲームの売り方

<<   作成日時 : 2010/07/27 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 ブログ用のネタとして、「日本で売れるFPSを作るにはどうすればいいか」というのを1週間ぐらい前から温めていました。
 今のところ、「任天堂が作ればよい」という身も蓋もない答えしか出てないので、ブログに書くのは保留してきました。でも今後放置していても新しいアイデアは浮かびそうにないので、とりあえず今日書いちゃいます。

☆★☆★☆

 もう1つ、結論の出ていない考えとして、「ゲームを作ってまともに儲けるのはもうきついんじゃないか?」というのがあります。
 要するにマジコンやらなんやらで、多くのゲームがタダで遊べるようになってしまっている現状についてです。それじゃゲーム屋は商売あがったりだ、倫理的にもよくないだろうと言っても、現実にマジコンとかが世にはびこっている以上、文句を言ってもなんも解決しません。

 絶対コピーできないような代物を作るというのは、技術的に無理だという話です。まあ、無理なんでしょう。
 コピーデータをネットに上げた人間を捕まえて、見せしめにぶっ殺せば済むような気もします。禁酒法とかと違い、普通に金出せばゲームを買える状況さえ維持しておけば、命をかけてまでゲームのデータを不法にアップしようとするやつは出なくなるでしょう。ただ現実問題として「見せしめにぶっ殺す(経済的な意味もふくめて)」ことができるのかどうかは怪しそうです。

 とすれば第3の道として、「ゲームそのものはタダで配布する、その代わりなんらかの手段で別に収入を得る」というのが考えられます。
『se・きらら』というエロゲは実際にその方法を取っており、ゲーム本体ではなく登場キャラのフィギュアで稼ぐつもりだそうです。肝心のフィギュアはまだ発売されてないようですし、はたしてうまくいくのかどうかもわかりませんが。

 たとえばバンダイナムコだったら、ガンダムゲーにガンプラをくっつけて適当な値段で売る、とかどうですかね。
 ビックリマンチョコみたく、レアなガンプラは滅多に手に入らないようにすれば、結果として同じソフトを買いまくる客が出るかもしれません。それが健全な商売なのかどうかはさておいて。

 結局のところ、データはいくらでもコピーできるんだから、まともに商売をしようと思ったらコピー不可能な「モノ」を売るしかないんじゃないか、という話です。
 まあそんなことはゲーム会社も多分わかっていて、だからこそいろんな特典を当たり前のようにつけてくるんでしょう。

 ――DLCで追加要素を売って儲けるっていう商法も最近はありますけど、そのDLC自体はコピーの対象にならないんでしょうか。
 所詮はデータなんだから、ゲーム本体以上のプロテクトがかかってるとも思えませんし。どうなんだろう。

 そういや今思い至りましたが、クラブニンテンドーもある種のマジコン対策を兼ねてるんでしょうか。効果なさそうだけど。もらえる品が微妙だからなあ。
 どうせポイント自体は任天堂以外のゲームでももらえるんですから、景品のほうも各メーカー共同でいろいろ取りそろえればいいような気がします。どの景品が受けてるかの情報をメーカー間で共有すれば、それこそ業界全体の発展にもつながるんじゃないかと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
フィギュア付きのゲームって最近多いですよね。
さらふぁん
2010/07/28 05:06
多いですね。
本当に売り上げに貢献してるのかどうかはわかりませんけど。
もっといろんな種類の特典が出てきてもいいんじゃないかと思います。
植村(管理人)
2010/07/28 10:41
>第3の道
遊んで貰う事で利益が発生し得る、そんなシステムですね。
・ゲーム機にクラウドPC能力を搭載し、遊戯中の余剰パワーを売り出す
・ゲーム内にあるショップで、実際にゲームグッズを通販できる
・プレイ動画配信を有料で認める(動画サイトの視聴者が月額会費を払うとか)
・大作ゲーム内に各メーカーが新ゲームを投入(FFで遊べるテトリスや格ゲー)
特典商法以外にも色々な案が出せそうで、第3の道はかなり有望と感じました。
コピー上等のゲームが先か、コピー市場が死滅するか、気になる所ですね。

>日本で売れるFPS
FPSは常時警戒や緊張感が必要で「息抜きに遊ぶには重い」様に感じます。
その辺を緩和しつつ、きっちりとアクションで楽しませたゲームは、
マニアックなシステムでも売り上げを伸ばせている気がします。
ゼルダやDMC、MHP、テイルズ、龍が如く等、緩急がしっかりしてますね。
だから「移動中はRPG風、戦闘のみFPS」など、
和ゲーと馴染む要素に絡んだ仕組みならば……やっぱり無理かもです。
gac
2010/07/28 20:32
>遊戯中の余剰パワーを売り出す
このアイデアになにかよさげなにおいを感じました。
ゲームを遊ぶという行為そのものが他者にとっての利益になり、そこから金が生まれるというのは面白そうです。

>プレイ動画配信を有料で認める
あるいは「個々のプレイは自動的にネットで公開される」ことを各プレイヤーに義務付け、そのプレイ動画の閲覧料で稼ぐ手もあるかもしれません。
実際、FPSで強いプレイヤーの動画を見たくなることとかはありますし。

>息抜きに遊ぶには重い
僕は何度死んでもくじけない性格のせいか、むしろFPSほど息抜きにちょうどいいジャンルはないのではと思っています。
(で、予定以上に遊んでしまうことがよくあります)

日本でFPSが売れない最大の理由は、やはり食わず嫌いのユーザーが多いことではないかと。
かといってうかつにファミリー路線にすると、それこそFPSならではの緊張感が損なわれそうで、難しいところです。
任天堂がWiiで発売するゴールデンアイの売り上げが、1つの試金石になるでしょうか。
植村(管理人)
2010/07/28 21:36
自分は各種FPSやってましたが…
FPSは疲れると思いますけどねぇ……
1時間くらいで疲れてきて2時間くらいやったら成績が落ち始め、3時間くらいで強襲する側からされる側に…

MAGは楽だからいいですけど…
Aki
2010/07/30 20:17
ゲームに限らず、1つのことをそれだけ続ければ疲れて当然だと思います。
植村(管理人)
2010/07/30 20:46
ガンオケなら6時間くらいはいけますねぇ。
まだ読んでない本なら16時間くらいは。
メタルギア4も借りて、その日のうちにクリアしました。
2週目は3日くらいかかりましたが。

キルゾーンもCOD4MW2もやりましたがどっちも半年続きませんでした・・・
Aki
2010/08/01 01:48
16時間はすごいですね。
植村(管理人)
2010/08/01 10:11
雑記 ゲームの売り方 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる