U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団俺による東方小芝居

<<   作成日時 : 2010/06/03 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ちょっと思うところがあって、「日々のニュースを東方キャラに語らせてみる」というネタを、昨日の夜、一人でこっそりやってみました。
 結果、なかなか面白かったんですが、じゃあこれをブログで公開するかというと、さてどうだろう。普段あまりにも素で文章を書きすぎているせいか、急にキャラを作って物を書くというのが、どうにも恥ずかしいです。

 なお、最初は「霊夢」「魔理沙」「射命丸」の3人で、深いことを考えずに書き始めたところ、なんだかつまらなかったのですぐやめました。
 その理由を考えた結果、3人のキャラがつかめてないので、いいセリフがすんなり出てこず、それでつまらなくなったのではないかと。対処法として、あえてわかりやすいキャラ付けを行ってみたらどうだろう、となりました。

 で、次は「幽々子(なんでも食べ物の話に絡めるキャラ)」「妖夢(基本常識人、あとは幽々子へのツッコミ担当)」という設定を作ってやってみました。
 そしたらセリフはスラスラ出てきますし、書いてて思いの外楽しくなりました。二次創作ではとかく安易なキャラ付けが行われがちですが、なるほど、確かに安易なキャラ付けに従って物を書くのは楽しいんだなあとわかりました。なまじリアルだのなんだのにこだわると、なかなか書けないようです。

☆★☆★☆

 せっかくなんで、昨日書いた文章を、話題にした元記事へのリンク込みで転載します。
 まずは自分では失敗作だと思っている、3人バージョンから。

『ラブプラス+』DSi LL同梱セット登場! コナミスタイル限定版は本日予約開始

霊夢「DSって、一応携帯ゲーム機よね? これ持って外歩くわけ?」

射命丸「それが彼女への愛を示すことにつながるんですよ。世間から白い目で見られれば見られるほど、試練を経た2人の愛はより深まるというものです」

魔理沙「1人で特殊な遊びをしているようにしか見えないぜ」


5人と1匹の大冒険! 舛成孝二監督の映画『宇宙ショーへようこそ』6月26日公開

霊夢「月へ行ったけど帰れなくなったんですって。月人にでも捕まったんじゃない?」

魔理沙「そんなことよりこの犬……かわいくないぜ」

射命丸「下等な妖怪にいそうですね、こういうの」


ガマニア、ブラウザゲーム第2弾は『Web恋姫†無双』に決定!

霊夢「これ、原作は大人だけが遊べるゲームだったんでしょ。よく全年齢向けとかできるわよね」

射命丸「言ってしまえば、大人向けの描写があるかないか、というだけの違いにすぎませんからね。登場人物に魅力があって、需要がある以上、商品として成立する

☆★☆★☆

 あまりにも凡庸な会話に感じたので、ここで嫌になって終了。
 で、最初に書いた考察を経て、幽々子&妖夢編に移りました。

『ラブプラス+』DSi LL同梱セット登場! コナミスタイル限定版は本日予約開始

妖夢「こ、これを人前で持ち歩くんですか? ちょっと恥ずかしいかも」

幽々子「あー、なんかかき氷が食べたくなってきたわ」

妖夢「色だけで!?」


5人と1匹の大冒険! 舛成孝二監督の映画『宇宙ショーへようこそ』6月26日公開

幽々子「あんまりおいしそうな犬じゃないわね」

妖夢「絶対お腹壊しますから、食べないでくださいね」


ガマニア、ブラウザゲーム第2弾は『Web恋姫†無双』に決定!

幽々子「こういうゲームって、食料をいっぱい作ることもできるのよね?」

妖夢「できますけど、バランスを考えて施設を作らないと、ゲームには勝てませんよ」

幽々子「ゲームは勝つためにするものじゃないのよ。楽しむためにするの。だから私は、村を畑で埋め尽くすの」

妖夢「略奪されるだけだと思います」


日本ゲーム大賞、今年から“ゲームデザイナーズ大賞”を新設

幽々子「ゲームに登場した食べ物を対象に、『本当に食べてみたいで賞』とかやったらどうかしら」

妖夢「ずいぶんと昔からある発想ですね」

幽々子「食は人間の基本だもの。こういう企画ならタイアップとかもしやすいから、いいと思うけど? じゅる」

妖夢「幽々子様、本音がこぼれてますよ」


20代の本音ランキング 【男性編】理想の身長ランキング

幽々子「こういうデータって、答えた人の身長との関係もセットで見ないと意味がないんじゃないかしら」

妖夢「ゆ、幽々子様が食べ物と関係ない真っ当な意見を!?」

幽々子「失礼ね。あと、ヒールがビールに見えたわ」

妖夢「……すいません。別に無理して食べ物ネタを入れなくていいですから」

幽々子「本当に見えたんだけど……」


「つけめん」は「ラーメン」です…論争に決着

幽々子「こんな暇な研究をするぐらいなら、食べ歩きでもしたほうがいいわね」

妖夢「趣味は人それぞれですよ」

幽々子「仮につけめんがラーメンの一種じゃないとしても、それでつけめんの味が変わるわけじゃないでしょうに。こんな研究をするぐらいなら、少しでも美味しいラーメンを作る研究を……」

妖夢「人それぞれです」


恋人とのメール、上手に使おう!

幽々子「人間、適当に不便なほうがなにかと落ち着くものなのよ。命短い人間でさえそうなのだから、長きを生きる妖怪は、なおさら便利に慣れるものじゃないわ。なにもかも、すぐに飽きちゃうから」

妖夢「では幽々子様にも不便を体験していただくということで、今日の夕食は……」

幽々子「あー、さっきの記事見たから、ラーメンが食べたくなったわ」

妖夢「そうですか。ではたまにはご自分で……」

幽々子「ラーメン♪ ラーメン♪」

妖夢「……腕によりをかけて作りますね」

☆★☆★☆

 寒いっちゃ寒いですが、3人バージョンのつまらない会話よりは、だいぶマシになったと思います。
 でもこれ、やっぱブログで公開するほどのもんじゃないかな。まあいいや。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
劇団俺による東方小芝居 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる