U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS この世の真理を見つけた!

<<   作成日時 : 2010/05/21 19:34   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

「食後は頭に血が回らないから、やる気出ないな−。1時間だけゲームするか」

3時間後「ハッ!?」

 1時間でゲームを切り上げるとか、無理。

 僕も今年で30歳。まだまだ若造とはいえ、一応30年分の人生経験を積み重ねてきたわけです。
 これだけの年月を経て、ようやくわかりました。ゲームって途中でやめられるもんじゃない。無理。

 これは単に、ゲームがどうのという問題ではないんです。意志の力を信じるな、という話です。

 遊ぶ前は、毎回自分には鉄の意志があるのだと信じているんですよ。
 だから1時間遊べば、きっちり切り上げることができる。キッチンタイマーも手元に置いて、60分後に鳴るようセットしたから、なおさら大丈夫だ、と。

 実際に60分後、タイマーが鳴ったら、「うるせえ!」の一喝とともに即タイマーを停止、そのままゲーム続行です。
 鉄の意志はどこへ行ったって? 硫酸かなんかで溶けたんじゃない?

 なので、ゲームに溺れないための方法はただ1つ、最初からゲームをしないこと。
 逆に、ゲームを始めるときは、数時間はぶっ続けで遊ぶものと心得ることが大事です。まだ今日の予定を片付けてないときは、ゲームなんかやるもんじゃありません。

 人間の感情には流れというやつがあります。その流れは、きっかけとなる行動によって生まれ、ひとたび生まれてしまえば、自分の意志で止めるのは非常に困難です。
 僕の場合、「ゲームを始める」という行動がきっかけとなって、「楽しい。やめたくない」という感情の流れが生じます。この流れは激流のごときものであり、キッチンタイマーだの、意志の力だのでどうにかできるものではないのです。流れが自然に弱まるまで=ゲームに飽きるまで待つしかありません。

 だったら人間の意志というのは無力なのか? それは違います。
 最初の、「ゲームを始める」という行動を実行に移すかどうかは、意志の力でコントロールできます。よほど面白いゲームにハマっているときでもない限り、ゲームに手を出さずに過ごすことは充分に可能です。

 つまり、自分の気持ちや行動をコントロールするためのツボを見出し、そこだけ押さえればいいのです。それが自分を自在にコントロールすることにつながります。
 意志の力で自分を変えようとしてうまく行かず、自分はなんてダメなやつなんだと自己嫌悪に陥る。こんな根性論は不毛であり、愚の骨頂です。そのことに今回、気づきました。

☆★☆★☆

 ……本当はこんなこと、とっくの昔に気づいていたはずなんですけどね。

 というわけで次の課題は、「一度気づいた真理をきちんと身につけるためにはどうすればいいか」です。
 この方法論を身につけないと、いつまで経っても経験から学ばない馬鹿野郎のままです。それこそ意志の力に頼らず、よい習慣を簡単に身につけることのできるツボを見出さないとな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
でも時間に追い詰められている時のゲームプレイは、
何者も抗えない圧倒的な魅惑の果実でございます。
(悪魔の真理)

本当に面白くないクソゲーでも攻略する意欲が湧いてくる不思議……。
gac
2010/05/21 20:03
テスト直前になると部屋の掃除がしたくなる、の心理ですね。
んで部屋の掃除をした結果、昔読んでたマンガのシリーズを発掘し、30巻分ぐらい読みふけってしまったり。

>クソゲー
小学生の頃、風邪引いて学校を休んだ日にコンボイの謎を5面ぐらいまで進めた思い出があります。
この場合、追い詰められているのは時間ではなく体調なんですが、不可思議なエネルギーがわいてくるという意味では同じなのかも。
植村(管理人)
2010/05/21 20:58
この世の真理を見つけた! U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる