U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS さらに雑記 第四世代という妄想

<<   作成日時 : 2010/04/20 21:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日話したRPGの世代論とは、つまるところ、システム面におけるRPGの自由度拡張の歴史について語ったわけです。
 一人旅しかできなかった第一世代よりも、パーティーを組めるようになった第二世代のほうが、取れる戦略・戦術の幅がはるかに広い。さらに、個々のキャラについてもスキルシステムによって独自の色づけができるようになったことで、第三世代では育成の自由までもが追加された、というわけです。

 ただ、昨日書き終えた直後に思ったことがあります。
 一人旅しかできないRPGを「第一世代」と定義したけど、そもそも大半のRPGは普通にパーティー制を採用してるんじゃないか。世代がどうのと大々的に言うほど、一人旅しかできないRPGって、そう存在はしてないんじゃないか、と。

 こう疑問を抱いたところで、いやいや、とまたも自分で否定しました。
 むしろオブリビオン等の洋物RPGに目をやると、一人旅のほうが当たり前、みたいな印象があります。洋ゲーに関する僕の知識は浅いので断言はできませんが、多くの洋物RPGは主人公の行動や成長に関する自由度をうたう一方、ともに旅する仲間という存在をなぜか導入していないように思います。

 理由はわからないものの、ともかく現代においても、パーティー制を採用してないRPGは普通に存在しているわけです。
 だったらそれを一つの世代と言っちゃってもいいんじゃないか、と思い直しました。

☆★☆★☆

 それで、第三世代の次、まだ見ぬ第四世代RPGと呼ぶべきゲームはどんな形をしているのか、という話です。
 ここまでの世代の変化は、簡単に言えば、ゲーム中でのプレイヤーの自由度がより増してきた流れであると言えます。ゆえに第四世代も、第三世代からさらに自由度が増した形を想像するのがいいんじゃないかと思いました。

 しかし、純ゲームシステム面での自由度の進化は、正直これ以上は想像できません。無論、僕の想像など及びもしないところで新たな発明がされる可能性はあるものの、僕にはわかりません。
 となると、RPGにおけるもう1本の柱、すなわち物語に目を向けるべきなんじゃないか、となりました。昨日の最後にちょっと触れたのと同じ話です。

 TRPGはいざ知らず、古今東西のコンピューターRPGにおいて、プレイヤーの行動そのものが世界や物語の全体像を根本的に決定する作品は、おそらくないと思います。
 つまりどんなRPGも、あらかじめ作り手が用意したシナリオや世界観の中で遊ぶしかない、ということです。マルチシナリオやマルチエンディングも、あらかじめ用意されているパターンが少し多いというだけに過ぎず、完全なる自由とは程遠い代物です。

 たとえばプレイヤーの遊び方次第で、作中の政治や商業の仕組みが大幅に変化したり、全体の物語や世界の歴史が大きく異なったりするRPGというのは、まずないでしょう。
 てかこんなの、SLGでもおそらくないですし。物語や歴史というレベルなら、コーエーのゲームやCiv辺りが「毎回違う展開だよ」と言い張ることもできなくはないですが、実際はSLGにおいてもある程度のパターンというものが決まっているため、そうそうバリエーション豊かな話にはなりません。それこそ、ガンパレとかが頑張ってますよ、というぐらいです。

 逆にいえば、この壁を突破できる普遍的なシステムを構築できたなら、それはまぎれもなく第四世代RPGであると言えます。
 今あるゲームの中で、この意味での第四世代に一番近づける可能性を持っているのは、オンラインRPGだと思います。価値観が大きく違う無数の人間が同時に存在している世界こそ、決められた枠にはまらない自由な世界の姿に一番近いでしょうから。

 でも、今まで何本かオンラインRPGを遊んでみた感想としては、現状ではどれも第四世代などとは程遠いと言わざるを得ません。
 オンラインRPGにはあって当然と見られているクエストやチャットシステムは、ゲームを根本的に進化させる上では、むしろ邪魔なんじゃないかとすら思います。逆に、クエストもチャットも存在していない、でもきちんとMMOになっているよというゲームシステムを構築できれば、そこから突破口が開けるんじゃないかという気もします。

 デモンズソウル辺りが突然変異を起こせば、面白い代物ができあがるかも。
 Lv300ぐらいのプレイヤーが大魔王みたいな位置づけになって、Lv100の勇者たちがその魔王を討伐に行くとか。チャットに頼らず、個々のプレイヤーが勝手に遊んだ結果が相乗効果を生んで、とんでもなく豊かなゲームを生み出す、そういうゲームデザインはできないものか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
さらに雑記 第四世代という妄想 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる