U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS ボタン押したら俺にとって最高のゲームが始まる仕組みを作ってください

<<   作成日時 : 2010/01/22 21:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 この記事に感銘を受けたので、今日はそれ絡みの話を一つ。

 うちの父親は昔、SFC版紋章の謎を、週末になるたびに1からプレイし直していました。
 夜遅くまで働いている会社員だったので、平日にはプレイできない。なので週末のみのプレイになるんですが、その際、前回の続きからやるということは決してなく、常に1面から再スタートしていたのです。理由は不明ですけど、ひょっとすると、1週間経つうちに前やってたことを(ともすれば遊んでいたという事実すら)忘れてしまったのかもしれません。

 もっと最近の話になると、うちの母親です。これについては以前書いた通り
 結局、うちの母親が楽しめたゲームは、逆転裁判シリーズだけでした。あれですら、先へ進めなくなるとしょっちゅう僕を呼び出したり、ネット上の攻略情報に当たりまくったりして、ようやくクリアできたという有様です。

 つまりゲーマーとそうじゃない人との、ゲームに関する技術格差っていうのは、そりゃもう物凄いもんがあるわけです。
 昔は2Dでしか表現できなかった世界が、今では3Dで表現できる! とか喜んでる場合じゃありません。2Dならなんとかなっても、3Dの情報となると到底処理できないという、うちの母のようなプレイヤーは少なからずいるんじゃないかと。

 で、そういうことをゲーム業界の中で一番考えていそうな任天堂でさえ、実際はそうでもなかったわけです。他は言わずもがな。
 Wii本体が馬鹿売れしつつも、ソフトは任天堂製以外いまいち売れてないっていうのは、結局のところ、「ゲーマー」ではない新規の顧客には、任天堂というブランド名以外にソフトの価値を判断できる基準がないからじゃないか、と僕は妄想しています。あとは、なまじ「お茶の間向け」であることの弊害があるんじゃないか、とも思ってますが、まあこちらも妄想です。

 ファミ通クロスレビューは信用できない、というのがもはや常識であり、いまだにクロレビを信じている人は情弱(笑)呼ばわりされている、とか。
 そんな世界を当たり前だと思っていたら、多分ゲーム業界の実態というのは、決してわからないんでしょう。そもそも、「ファミ通ってなに?」というレベルの人や、「ゲーム専門の雑誌なんてあんの?」とか思っている人が、きっと世の中には大勢います。そういう人からすれば、クロレビの信用度うんぬんの前に、まずどのゲームを買えばいいのかという判断基準が、TVCMぐらいしかないんじゃないでしょうか。

 なので、なんの知識もない人がいきなり店へ行って、漠然となんか遊びたいんだけどどうすればいい? と疑問に思ったら、その答えが用意されるという仕組みは重要だと思います。
 その意味で、今回任天堂がやっていることは、業界の構造をも変えうる一手となる気がします。ソニーも今頃リモコンなんかパクってないで、この手のサービスをパクったほうがいいのでは。

☆★☆★☆

 ついでに、ゲーマーではない層にゲームを売るためにはどうすればいいか、僕も適当に考えてみます。

1. 人気のTV番組でCMを打つ

 現時点では、結局これが最強かと思います。金かかるけど。

2. 新聞に広告を出す

 TVや新聞といった、一部で「まだそんなの見てんの?」と言われてそうな旧来のメディアこそが、ゲーマーでもなんでもない一般人にゲームの存在を伝えるための媒体としては最良かと思います。

3. 店頭に行っただけでどれ買えばいいかわかるようにする

 今回任天堂がやろうとしていることです。

 家電とかをたまに新しく買う際、下調べをせずいきなり店に行って、店員に相談してなに買うか決める、というのはよくある話です。
 ゲームの場合、本数的にそれは不可能だというのも、最初の記事にある通りでしょう。なので、その代替手段を考える必要があります。

 以上。
 適当に考えただけなんで断言はできませんが、多分、常用できる有効手は、これぐらいじゃないかと。「いいものは口コミで広がる(キリッ」とかいうのは、少なくとも非ゲーマー相手のマーケティング手法としては使えないと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはこんばんちわ。
ゲーマーではない層にゲームを売るために…
1.ゲームショップの店員にプレイしてもらう。
2.ゲームを紹介する専門のテレビ番組を復活させる。
3.ゲームを他の人に紹介し買わせることで10%のマージンを(コラ

ゲーマーの中でもアクション専門の人や自分みたいに戦術SLG以外できないとかいう人もいます。大幅な需要を得るためには全ては無理にしても多くのジャンルを内包し、そのジャンルだけでも遊べるゲームを作ればいいのでは……めんどくさそうですけど。
Aki
2010/01/22 23:33
結局、一番インパクトがあるのは映像だと思うので、
店員さんがじかにプレイしないまでも、
プレイ動画を店頭で垂れ流すというのはありかもしれません。
いわゆるPVとはちょっと違う、文字通りのプレイ動画を。

>多くのジャンルを内包し
ガンパレがそういうコンセプトだったような、違ったような。
まあ売り上げだけを問題にするならば、
一にも二にも宣伝、のような気もします。
植村(管理人)
2010/01/23 00:35
>プレイ動画を店頭で垂れ流すというのはありかもしれません
1.案はもろそれで、リアルタイムでプレイ動画という…ちなみにムービーとかはネタバレになる可能性があるので極力カットしていただきます(鬼

>ガンパレが多くのジャンルを内包
士魂号でアクションゲーム、歩兵でFPS、司令で戦術シミュ、オペレータはわからん、操縦士兼運転はレーシング?!+経営、医療兼機銃手はFPS?+経営?みたいな…PS3だろうとXBOXだろうとPCだろうと容量で困ることはなさそうですから今ならもっと色々出来ると思います。
1に宣伝、2に宣伝で売れるのが日本の駄目なところですよね……

そういえば戦場のヴァルとMAGどっち優先します?
Aki
2010/01/24 00:09
>宣伝
アメリカも状況は同じだと、前なんかの記事でありました。

>ヴァルとMAG
両方やります。
植村(管理人)
2010/01/24 10:09
ボタン押したら俺にとって最高のゲームが始まる仕組みを作ってください U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる