U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS MAG βテストを32時間やった感想

<<   作成日時 : 2009/11/17 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 実は密かに参加してました。いや、密かにもなにも、おおっぴらに言いふらすようなもんでもないんですけど。
 で、なんか感想書かなきゃなーと思いつつ、なにを書けばいいのかがいまいち定まらずにいて、先延ばしにしてきました。そもそも義務でなんか書く必要はないんで、このままなにも書かずに済ませようかとも思いましたが、まあそれはそれでもやもやが残るんで、なんか書いておきます。

 まず、128人対戦だの256人だの言ったところで、それだけの人数が同一画面上に集まるということは、おそらくありません。
 というのは、このゲームは基本、でっかいマップを2つや4つに分割して、それぞれの担当地域で攻防を繰り広げるという作りになっているからです。マップ自体は1枚ですので、他の地域に移動して戦うこともできますけど、そうすると元いた地域が手薄になるため、ゲーム的に必ずしも有利とは言えません。そもそも移動にも時間がかかるし。

 あと、このゲームは、8人1組の分隊単位で行動するのが基本となっています。
 分隊には分隊長というのがいまして(いないときもある)、「この敵拠点を攻めろ」「この門を守れ」みたいな指示を出すことができます(出さないやつもいる)。味方の迫撃砲に指示を出して、この辺りを一発なぎ払ってくれや、みたいなことも可能。分隊長の上には小隊長やら中隊長やらがいますが、こいつらは支援要請とかが仕事であり、分隊に指示を出したりとかは別にしないっぽいです。

 別に分隊長の指示を守らずに行動したからといって、ペナルティはありません。
 プレイヤー間の排斥投票機能は存在するため、よほど悪質なことをやってたら追放されるかもしれませんが、分隊長の命令無視程度ではまずないでしょう。無能な分隊長は、逆に部下から排斥投票喰らったりすることもあるらしいですけど。実際には、部下が隊長の命令を無視しまくっていることもしょっちゅうです。

 ただ、分隊長が指示したポイントの近くで戦ったり修理活動をしたりすると、プラスのボーナスがもらえます。
 また、分隊長は考えがあって指示を出しているはずですから、基本的には従っておくのが吉です。明らかに無能な隊長ならシカトしてもいいでしょうが。

☆★☆★☆

 さて、このゲームのプレイ感はというと。
 過去にも散々言っている通り、僕はFPSのプレイ経験自体が少ないので、他と比べてどうというのはあまり言えません。それを踏まえて読んでください。

 なんつーか、これは半ばRPGであり、半ば個人武将プレイ型のSLGだなと。
 つまり「無能な小隊長の指示に振り回される俺ってば悲劇の兵士」だとか、「俺の分隊は強いのに隣の分隊がカスだから勝てねえ!」とかいうように、戦場における自分の置かれた状況そのものを楽しむゲーム、という趣が強いように感じました。

 たとえば、攻略目標の中には「AとBを制圧・維持せよ」みたいなのがあり、このA,Bそれぞれの攻略を違う分隊が請け負っていたりします。
 となると、片方の分隊は精強で、瞬く間にAを制圧したとしても、もう片方がいつまで経ってもBを制圧できない場合、それ以上先へは進めません。「あいつらはなにやってやがんだ」といらだっているうちに、敵の反撃を喰らって、せっかく占領したAを奪い返されたりします。

 逆に自分が弱い分隊の側に属していると、隣の分隊はとっくに目標地点を制圧しているのに、自分とこはいつまで経っても返り討ちにあい続けて、なんかゴメン、ほんとゴメンという気分になります。自分が小隊長だったりすると、罪の意識はますます増します。
 実際にあったシチュエーションでは、こんな感じで隣の分隊は大活躍してるのに、うちの分隊はいつまで経っても目標地点を占領できない。で、大苦戦の末ようやく占領できたと思ったら、それまで活躍していた隣の分隊がそんな時に限って敗退し、占領地点を奪い返されていたり。

 ただ、これには続きがありまして、残り5分ぐらいでようやく両方の占領地点を制圧し、最終目標の攻撃を開始。さすがに5分じゃ勝てねえわなと思っていたら、あっという間に敵地を占領してまさかの勝利を収めてました。つえーな、隣の分隊。
 もちろん別の視点からこういったドラマを体験することもあります。平たく言えば、味方全軍が弱すぎて、あっという間に侵攻を喰らったりとか。こういう場合、「使えねー味方ばっかだぜ」と、あたかも自分だけは有能であるかのような顔をして嘆いてみせるのもお約束です。

 個人武将プレイ型のSLG――要するに三国志7や天制覇っぽさがちょっとあるなと感じたのは、自分が分隊長をやったときの感覚にもあります。
 分隊長は攻略・防衛目標を指示できるわけですが、部下たちが思うように動いてくれるとは限りませんし、指示自体が戦局全体から見ると見当違いだということもあります。そういうときは、部下の勝手を呪ったり、自分の無能さを味方に詫びたりと、まあそんな楽しみ方もできるわけです。無論、指示が見事に決まったときは普通に気持ちいいという、SLGとして真っ当な楽しみ方もあります。

 あと、さすがの256人対戦だと思ったのは、最終防衛地点で守っていたときです。
 最終防衛地点と言っても8ヶ所あったりするんですけど、ともかく敵が押し寄せてくることには違いありません。この時点では分隊長も指示を出す余地がろくになかったりするので、こっちはこっちで勝手に動きます。近くに壊れている門があれば修理を開始し、担当地区以外のポイントがピンチなら援軍に駆けつけ、隙があらば外の施設を復旧させて少しでも戦局を立て直そうとしたり。

 これはもうゲームというか、ある種の仕事だな、という感じです。現場は寝ている暇などないのです。特に工兵は大忙しです。
 一方攻撃側の場合、敵の門に猛攻を加えていたら、味方の隊長が援護のつもりか周囲に爆撃を喰らわせて、味方を盛大になぎ払ったりしてます。こんなことが2度3度あると、味方殺しの隊長閣下の土手っ腹に風穴を開けたくなります。

 ……と書くといろいろストレスのたまりそうなゲームに見えるかもしれませんが、三国志7や天制覇がそうであるように、「ままならない状況」を楽しむという要素も多々あるわけです。
 僕はこれができるタイプなんで、あらゆるシチュエーションを大いに楽しんでいますが、この素質がない人だときついかもしれませんね。元々オンラインのFPSというのは、自分一人の力で勝てるようなゲームではないと思いますけど、このゲームの場合は特にそれが顕著なんじゃないかと。

☆★☆★☆

 こんなのがこのゲームの長所として、では短所はなにか。
 まず、マップがだだっ広いので、人数が多い割には、敵と出くわす機会が案外少なかったりします。特にゲーム開始直後、リスポーンポイントが敵陣から遠い時は、ただひたすら走ってるだけの時間が結構長いです。

 あとは分隊長が指示を出せるといっても、あくまで要所を指定できるだけですし、そのポイント自体も限られています。
 また、施設の重要度というのも当然ありますので、指示のパターンもそう極端には変わりません。SLG的な面白味が物凄くあるかというと、さて、それはどうだろうという疑問が生まれます。

 ただ、現状はあくまでβテストであり、施設の場所とかもバージョンによって変わっているといううわさですので、今の欠点が製品版にもそのまま受け継がれているとは限りません。
 また、そもそもこれらは欠点というより、ちょっと物足りない点というほうがふさわしいため、あまり気にしすぎることもないかと思います。このゲームに興味あるけどβテストには参加できなかったという人は、とりあえず製品版、行ってみてもいいんじゃないですかね。

 ……実は密かにまだ、βテストに参加するためのコードが余っているといううわさもありますけど。ま、探したい人は自力で探してください。
 あと僕自身はと言うと、βテストの段階で結構満足しちゃってるんで、製品版を買うかどうかは迷っていたりします。もうちょっと、現状からプラスアルファの面白要素が欲しいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じくβ結構やり込みましたが、マッチングに時間がかかるのと、同一アカウントで三社キャラを作れマッチング時ランダムで選ばれるみたいな感じでもよい気がしますね。
一社の数が少なくリンチ状態もありますし。
キル稼ぎでスナイパーや大砲に籠ったままの人もいれば味方に戦車で突進し退き殺すのがいたり…
一言で言うとお祭りゲームですね。
まあほとんど勝手に動くので難しいですが、皆の目的が一致した時は一瞬で終わる事もありますし、狙撃以外にも仕事があるしFPSよりマス取りゲームに近いかも。
個人的に3000円くらいなら買ってもいいかな〜
はっち
2009/11/19 02:06
3社の間は渡り歩きたいですね。
1社だと特定マップの防衛ばっかりやらされたりして、
マンネリになりがちですし。

>お祭りゲーム
そうですね。
むしろこのお祭り路線をもっと特化させるか、
あるいはガチガチのSLGっぽくするか、
どっちかの方向に進化させたほうが
もっと面白くなるような気がします。
現状だと、人数多いけどマップはそれ以上に広いので
ワラワラ感はいまいちですし、
SLGとしてもやや甘い感じですし。

個人的には、かつての真・三國無双シリーズとも
ちょっと似たにおいを感じているので、
そっちの方向もありかなという気がします。
製品版発売前から言うのもなんですけど、
2に期待、といったところでしょうか。
(逆に言うと、大化けする可能性もあるとは思っています)
植村(管理人)
2009/11/19 07:02
MAG βテストを32時間やった感想 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる