U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS なつかしのゲーム語り 第29回 SDガンダムGX(シリーズの他作品も)

<<   作成日時 : 2009/07/29 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ゲームの解説とかは、他人様の動画を貼り付けて済ませるのが一番効率的だよなと思う昨今です。



 個人的な思い出を言いますと、このシリーズの初代Xおよび、2作目のGXは大いに楽しみました。カプセル戦記以来、久々のアクションシミュレーションの復活だったからです。
 XはMSの集団を進めていくという基本パターンと、ファンネル系が弱いのが印象的でした。ゲームバランスはシリーズ中随一という声もありますが、よく覚えていません。

 GXは、今のところシリーズで一番好きです。
 MSに推進剤の概念が導入され、単騎で宇宙の端まで移動することは不可能になりました。基本は戦艦に乗っての移動であり、面倒と言えば面倒ですが、リアリティがありました。

 ただ、COM戦を主に遊ぶ場合、ゲームのルールはCOMが使いこなせるか否かで考えないといけません。
 シミュレーションゲームだと、どう転んでもCOMの頭脳が人間を上回ることはありません。GXがXに劣るとしたら、なまじ凝ったルールを導入してしまったために、COMが対応しきれなくなったところにあるのかなあ、とも思います。いや、Xではちゃんと対応できていたのかも覚えてませんけど。

 他にもGXの場合、地球や月に相当するマップをCOMがあまり開発しないため、普通にやるとプレイヤーがあっさり占領してしまったり、最後はいつも宇宙決戦になったりという問題もあります。「最後はいつも宇宙」なのは、ガンダムらしいと言えばらしいんですけど、地上の一基地での攻防戦で締めくくったりもしたかったところです。

☆★☆★☆

 さて、問題なのは3作目のGNEXTと、4作目のGセンチュリーです。

 3作目では製造可能なMSの種類が格段に増えました。当時の最新作品だったGやWのユニットも一部作れました。
 また、技術レベルが細かく設定され、資金を投入することでレベルが上がり、より強いMSを作れるというシステムになりました。これによって、連邦を使っていても「ガンダムより強いMSは作らない→一年戦争の再現」といった縛りを自主的に課すことも可能になり、ガンダムゲーとしての脳内妄想をますますうながしてくれたわけです。

 が、ここで上述の問題点、「COMがゲームシステムについていけない」が発動してしまいました。
 というか、このゲームのCOMは、そもそもまともに技術レベルを上げることすらなかった気がします。つまりゲームとして成立していません。ニコニコ大百科にも書かれているように、残念ながら、COM戦は糞としか言いようがありませんでした。

 システム自体は魅力的なため、ガンダム好き相手の対人戦なら楽しめたかもしれませんが、実行することがなかったのでノーコメントです。

 そして、問題外の4作目、Gセンチュリー。
 ともかくロードがひどい。他になにが問題だったか、覚えてもいないぐらいロードがひどい。終わり。

☆★☆★☆

 現在、シミュレーション+アクションバトルというガンダムゲーの流れは、完全に止まってしまっています。
 別にシミュオンリーでも面白ければいいんですが、ギレンは戦略面に、GジェネはMS開発に特化しており、戦術や戦闘の妙を楽しめるゲームとは言えません。なので、そこらへんを楽しめる、このシリーズの系譜が復活してくれないかと願うばかりです。

 新作が無理なら、XとGXをVCで配信してくれるだけでも構いません。ついでにカプセル戦記も来れば万々歳。実現しないかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
なつかしのゲーム語り 第29回 SDガンダムGX(シリーズの他作品も) U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる