U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS なつかしのゲーム語り 第22回 ファイアーエムブレムシリーズ

<<   作成日時 : 2009/07/02 18:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 豆知識。
 ファイ「ヤ」ーエ「ン」ブレムとか書いちゃうと、それだけでその人の文章は信頼されなくなります。ご注意ください。

☆★☆★☆

 初代FEを遊んでいたのは、僕が小学4年かそこらの頃でした。

 当時の記憶として焼き付いているのは、夏休みの朝、自室でこのゲームをやっていたときのことです。マップは確か、SFC版ではカットされた、オレルアン平野での戦いでした。
 その年の夏休みは、体育の授業の補習で、「25メートル泳げないやつは学校のプールに来やがれ」キャンペーンが実施されていました。見事にそのキャンペーンに当選していた僕は、補習の時間までの一時を、FEをやりながら過ごしていた記憶があります。

 初代でなんといっても思い出深いのは、フィールドの曲です。
 この曲、SFC版ではなぜか大幅なアレンジが加えられちゃっていて、聞くことができません。DS版にも入ってなかったと思います。聖戦の闘技場で、隠しミュージックみたいな感じで、ちょっと聞けたぐらいでしょうか。名曲なのに、もったいない。

 あと、僕自身は確か、初代はクリアしてなかったと思います。
 代わりに、うちの親父はしっかりクリアしていた気がします。週末しかゲームやれないのに。すげーな親父。

☆★☆★☆

 次、外伝。
 外伝は、それなりに自由度のあるマップ移動や、クラスチェンジシステム等が導入されていて、かなり味わい深い一作でした。こちらはきっちりクリアしています。

 設定的にもしっかりしてるなーと思ったのが、敵国である「騎士の国」です。
 その異名に恥じず、ナイト級のボスが強い。無印のアカネイア大陸では最強の騎士だったカミュも、この国ではベスト5にすら入れていなかったと思います。この辺りのステータス配分が、子ども心にしびれたものです。

 まあその反面、アカネイアの神器であるはずのグラディウスやファルシオンが、なんの説明もなく宝箱に入っていたりする辺りは、ツッコミどころではありました。気にしちゃいけません。

☆★☆★☆

 そして、シリーズでもっともやり込んだであろう、紋章の謎に入ります。
 これはFC版初代のリメイク作品であり、前述のように、フィールドの曲が変わってしまっているなどの残念な点もあります。ですが全体的にはリメイクの名に恥じない名作でした。

 ゲームとしての醍醐味は、なんといっても「第2部」の存在にあります。
 FC版のストーリーをほぼそのまま移植した第1部に対して、その続編たる第2部。特に、第1部における盟友ハーディンが最強の敵となって立ちはだかるという展開は、実に熱いものがありました。

 紋章の謎については、ゲーム自体もさることながら、箱田真紀さんによるマンガ版もよかったです。特にマリクとリンダ。このマンガ版に影響を受けて、自分でも小説を書いちゃったりしたものです。

☆★☆★☆

 次、聖戦の系譜。
 壮大さという点では、ある意味、紋章の謎以上でした。また、今のFEの「支援会話」に連なるシステムが本格的に導入され、キャラ同士をうまく仲良くさせることで、子どもができちゃったりもしました。妊娠エムブレムです。

 ただ、聖戦に関しては、紋章ほどの思い入れがありません。
 多分、なまじキャラ同士の会話やらなんやらが充実し過ぎちゃった分、好きに妄想する楽しみが薄れたんじゃないかと思います。でもアゼル×ティルテュは好きですけどね。今も昔も、魔道師カプはなぜか好きなのです。

☆★☆★☆

 僕がまじめにFEをやってたのはこの辺りまでで、以後、テンションは下がっていきます。
 聖戦の次にはトラキアが来るわけですが、これは途中で投げ出しました。難しすぎたから――というより、あえてクリアしようという意欲が薄れていたのです。紋章や聖戦に比べ、話に華がなかったというのも一因だったような、関係ないような。

 次に来るのは、ティアリングサーガです。
 これはまあ、公式にはFEシリーズとは全く関係ないということになってますが、そんな大人の事情は裁判所にポイです。

 ティアサガは、普通によくできたゲームではありました。クリアしましたし、面白かったです。
 ただ、幸か不幸か、この時期の僕はガンパレをやったばかりであり、「ガンパレすげー! それに比べて他のゲームはどれも糞」症候群にかかっていました。なので、基本的にはFEのシステムを踏襲しただけのティアサガに対して、「ガンパレには遠く及ばないけどね」みたいな痛いことを掲示板で書いていた記憶があります。

 もっとも、症候群とかは置いといても、「いつまで経っても変わり映えのしないシステム」ってのは、やっぱマイナスだよなとは今でも思っています。FEに限らず、ね。
 なにかを楽しいと感じる、その理由の7割ぐらいは、そこに新鮮さを感じるからだと思います。キャラやストーリーが変わるだけでもそれなりに新鮮ではありますが、やはり本当に新鮮なゲーム体験とは、システムそのものの新しさからしか味わえないものです。

 ……などということを考えているもので、GBA版のFEとかは、ちょっと適当にやって終わっています。
 まあ、今さらFEのシステムのどこを変えるんだという問題はあるにしても、もうちょっとなんとかならんもんかなあと。「味方が全員自動で動く」「死んでもすぐ回収すれば助かる」みたいにいじったっていい気はします。ともかく、なんでもいいから変えてくれというのが、正直な気持ちです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
なつかしのゲーム語り 第22回 ファイアーエムブレムシリーズ U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる