U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS 無限航路 7時間半遊んだけど〜な感想(毒舌とっちらかり編)

<<   作成日時 : 2009/06/13 20:07   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 このゲームについては、どう感想を述べたものか、ちょっと迷ってます。
 細かい欠点は山のようにありますし、長所のほうも、欠点を補うほどのものではないし。決してつまらないわけではないけれど、遊んでいてイライラしたり腹が立つことも多い。だけど、クソゲーかというと、別にそんなこともない。

 まあ、物凄く乱暴に言い切ってしまえば、劣化大航海時代4なんですけどね、このゲームは。
 もっと丁寧に語ろうとすると、あまりにも細かいところに言及しないといけないので、なんか、語るこっちのほうが馬鹿なんじゃないかという気分になってしまいます。

☆★☆★☆

 とりあえず、長所と断言しちゃって構わなさそうな唯一のポイントは、戦艦のカスタマイズです。
 といっても、ほとんどの部品は1種類1個と限定されていますし、パラメータと艦隊の強さの関係が具体的に見えにくいので、無茶苦茶楽しいってわけではないんですけど。

 たとえばドラクエなら、「攻撃力が上がる=敵に与えるダメージが上がる」「防御力が上がる=敵から受けるダメージが減る」というふうに、このパラメータが上がるとこういうふうに有利になる、というのがハッキリ見えます。実際にパラメータが上がった結果は、街の外に出て魔物と戦えばすぐにわかります。
 一方、無限航路の場合、艦のパーツおよびクルーのパラメータの数が多すぎる上、1回の戦闘も基本的に長いため、ステータスの変動とその結果との関係性が見えにくいのです。なので、ステータスを上げることの快感が感じにくくなっています。

 てか、このゲームの諸悪の根源は戦闘システムなんじゃないかという気がしてきました。
 一般に、半端に凝った戦闘システムは、最初は楽しくても、繰り返しているうちに面倒になってしまうものです。無限航路でも、ぶっちゃけ、もう雑魚戦は全逃げです。

 このゲームの艦隊戦は、一応の駆け引きは要求されますけど、そんなに高度でも複雑でもありません。
 つーか、艦隊戦も白兵戦も、結局はジャンケンのゲーム性とあんまり変わらないんじゃないだろうか。説明書にも「じゃんけんのような」と書かれている白兵戦は言うまでもなし。艦隊戦も、要は相手が通常攻撃で来るか一斉射撃で来るかって話で――。

☆★☆★☆

 ああ、もうなにを書いていいのかわからなくなってきました。
 このゲームには欠点が山ほどある上、どの欠点もしょぼいんで、いちいち指摘するのも馬鹿馬鹿しいのです。物凄いクソゲーなら、むしろ嬉々として語れるのかもしれませんが、相手が小物だと、叩くこっちのほうがみじめな気持ちになってしまいます。

 いいや、もう。劣化大航海時代4という結論で、とりあえず終わっておきます。
 誤解のないように繰り返しておきますが、決してクソゲーというわけではありません。物凄く細かい欠点が多いものの、それなりに楽しめる佳作です。でもなぜか、買って30分でやめたようなゲームよりもやってて腹が立つという、その意味ではすごく不思議な一作です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
無限航路 7時間半遊んだけど〜な感想(毒舌とっちらかり編) U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる