U型改

アクセスカウンタ

zoom RSS なつかしのゲーム語り 第6回 ファイナルファンタジー3

<<   作成日時 : 2009/03/30 19:16   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

Wikipedia



☆★☆★☆

 この前FF2の話をしたら、その直後にFFシリーズがバーチャルコンソール入りというニュースが報じられ、ビックリしました。平成の予言者現るの巻です。
 その流れに乗って、今日はFF3について語ります。こちらはDS版が数年前にリメイクされたばかりなんで、あまりなつかしいという感じがしませんけどね。

 FF3といえば、フィールド曲『悠久の風』です。
 僕の中では長らく、ゲームのフィールド曲ランキングの王座に君臨していました。今聞くと、王座は言い過ぎだったかなと思い、多少ランクダウンしているものの、かといって代わりに入ってくる曲があるわけでもなし。なんにせよ、思い入れのある名曲には違いありません。

 他の曲では、通常のボス戦の曲も好きでした。
 ドラクエとFFを比較した場合、音楽の好みで言えば、ファミコン時代はFFのほうが圧倒的に上でした。スーファミ時代に入ってドラクエが伸びてきたのは、音源が変わったことが理由なのか、あるいは僕の好みそのものが変わったのか。

☆★☆★☆

 当時、僕は「視力回復センター」なる所に通っていました。
 で、目の健康を考えて、ゲームは1日1時間にするよう申し渡されていました。高橋名人の教えを強制された形です。

 さて、FF2のときにも触れましたけど、当時のFFにはゲーム中のセーブポイントなどは存在しませんでした。
 そして、後半のダンジョンは、1時間でクリアできるような代物では到底ありませんでした。ラストダンジョンに至っては、早解きしても1〜2時間はかかったらしいです。……そういや僕も、3時間ぐらいかけていたような。

 なのに僕は、このゲームをちゃんとクリアしています。
 多分、クリアする頃には、視力回復センターへ通うこと自体をやめていたのでしょう。効果なかったし、金ばっかかかるし。ゲームは1日3時間が当たり前だよね☆
(こうして、いろんな意味でアレな現在に至る)

 なお、今の自分には、当時のFF3をクリアできる自信は全くありません。多分、適当なところで投げています。
 よく子どもは我慢が足りないとか言いますけど、実際のところはどうなんですかね。ゲームに関して言えば、むしろつまらなくても我慢して何時間も遊べるのが子どもであり、つまらんと感じたら即座にやめるのが大人というイメージがあるんですけど。わかんね。

 一応フォロー。バーチャルコンソールのゲームはいつでも途中でやめることができますので、将来FF3がバーチャルコンソールで出てきたときは、長いダンジョンのきつさは若干軽減されることになると思います。まあセーブができないことには変わりないんで、死んだら数時間分が無駄に終わるのは同じです。

☆★☆★☆

 肝心のゲームの内容については、他に特別語りたいことが思いつきません。楽しんだことは間違いないんだけどなあ。
 最後はいつものように、思い出箇条書きで締めます。

・なんきょくのかぜはもったいないので使わずに済ませ、そのままお蔵入り
・伝統のババババババババ
・ジンが強かった気がする。DS版だと楽勝だったので拍子抜け
・メデューサが(ry
・ハイン(ry
・ガル(ry
・最後は、忍者・忍者・賢者・賢者。今思えば、なんと風情のないパーティーか
・サブキャラはたくさんいたのに、どいつも具体的なエピソードをろくに覚えてない
・名物召喚獣初登場。オーディン、リバイアサン、バハムートの御三家はガチ
・くらやみのくもは、なんで波動砲だったんだろう
・たまねぎけんしはカラフルだった
・えんげつりん、の響きが当時は不思議でした。今でも不思議な武器ではありますけど。なんで戻ってくるの?
・ドーガとウネの天野絵こええよ。だがそれがいい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
なつかしのゲーム語り 第6回 ファイナルファンタジー3 U型改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる